椹木野衣 美術と時評 85:油絵から古九谷へ——硲伊之助の近代絵画探求

硲伊之助は生涯4度の渡欧でマティスにも師事し、東京美術学校助教授、日本美術会委員長等も務めた。しかし後半生は石川県で古九谷の制作に注力する。その変化と不変の探究を、硲伊之助美術館を訪ねて考察する。

View More >

Recent Articles / 最新記事

マリア・ファーラ『Too late to turn back now』@ オオタファインアーツ

2019年8月24日(土)-9月21日(土) 日常のふとした瞬間や記憶の断片から構築される新たな情景を、多彩な筆使いで描いた絵画で注目を集めるマリア・ファーラの個展を開催。フィリピンで生まれ、日本で育ち、イギリスで活動する作家本人の出自でもあるアジアで開催する初の個展。View More >

タニア・ブルゲラらが「表現の不自由展・その後」の展示再開を求める声明を発表、出品作品の一時取り下げを決断

2019年8月12日、タニア・ブルゲラをはじめ、国外を拠点とする複数のあいちトリエンナーレ2019参加アーティストおよび国際現代美術展部門のキュレーター、ペドロ・レイエスが「表現の自由を守るために」と題した声明を発表し、一時的に作品展示を休止することを決断した。View More >

Photo Report / フォトレポート

no image

TOKAS-Emerging 2019 – 小田原のどか:近代を彫刻/超克する @ トーキョーアーツアンドスペース本郷

TOKAS-Emerging 2019 – 小田原のどか:近代を彫刻/超克する
2019年7月20日-8月18日
トーキョーアーツアンドスペース本郷

TOKAS-Emerging 2019 – 小田原のどか:近代を彫刻/超克する
2019年7月20日-8月18日
トーキョーアーツアンドスペース本郷

Partners Booth / パートナーブース

no image

mama!milk 演奏会 ふたつの秋の組曲 10月5日[土]、10月6日[日]【原美術館】

これまでの原美術館公演も好評だったmama!milkがこの秋お届けするのは、とっておきのワルツやタンゴ、架空の街の旋律や、音で描く心象風景からなる組曲。 第一夜は、アコーディオンとコントラバスによる親密な二重奏で。 第二夜は、さらにヴィオラや、マリンバ、パーカッションを交えた彩りView More >

これまでの原美術館公演も好評だったmama!milkがこの秋お届けするのは、とっておきのワルツやタンゴ、架空の街の旋律や、音で描く心象風景からなる組曲。 第一夜は、アコーディオンとコントラバスによる親密な二重奏で。 第二夜は、さらにヴィオラや、マリンバ、パーカッションを交えた彩りView More >

no image

<募集>ゲンビ「広島ブランド」デザイン公募2019

  \広島を見つめなおすためにデザインを!/ 「ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募」は広島にちなんだモノ・コトにまつわるデザイン案を募集し、すぐれた作品を展覧会として紹介するオープン・プログラムです。広島の名産品や風土、文化をテーマとし、デザインの観点から発展させた新たView More >

  \広島を見つめなおすためにデザインを!/ 「ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募」は広島にちなんだモノ・コトにまつわるデザイン案を募集し、すぐれた作品を展覧会として紹介するオープン・プログラムです。広島の名産品や風土、文化をテーマとし、デザインの観点から発展させた新たView More >

no image

「山口啓介 後ろむきに前に歩く」展覧会図録

銅版画、絵画、立体とさまざまな表現方法を通して、自然と生命の淵源へともぐりこんでいく山口啓介。本書は多数の作品図版に加え、作家自身の言葉や文章、インタビューをふんだんに採録しました。またアトリエの様子を山元彩香による撮りおろし写真で紹介しています。 持ち運びもできる、コンパクトサView More >

銅版画、絵画、立体とさまざまな表現方法を通して、自然と生命の淵源へともぐりこんでいく山口啓介。本書は多数の作品図版に加え、作家自身の言葉や文章、インタビューをふんだんに採録しました。またアトリエの様子を山元彩香による撮りおろし写真で紹介しています。 持ち運びもできる、コンパクトサView More >

no image

8月24日[土] THE TETORAPOTZ ライブのお知らせ 【ARC】

Photo: Yu Xing & Li Yang Courtesy of Red Brick Art Museum, the Artist and Perrotin   会期:2019年8月24日[土] (予約不要/観覧無料/入館料別) 時間:15:00~ 現在View More >

Photo: Yu Xing & Li Yang Courtesy of Red Brick Art Museum, the Artist and Perrotin   会期:2019年8月24日[土] (予約不要/観覧無料/入館料別) 時間:15:00~ 現在View More >

no image

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》1902年 19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、デザインなど、それぞれの領域を超えて新しい芸術を求めた、ウィーン独自の装飾的で煌びやかな文化が開花しました。今日では「世紀末芸術」と呼ばれるこの時代に、画家グView More >

グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》1902年 19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、デザインなど、それぞれの領域を超えて新しい芸術を求めた、ウィーン独自の装飾的で煌びやかな文化が開花しました。今日では「世紀末芸術」と呼ばれるこの時代に、画家グView More >

no image

コレクション特集展示 ジャコメッティと Ⅱ

アルベルト・ジャコメッティ《ヤナイハラ Ⅰ》1960-61年 国立国際美術館蔵 撮影:福永一夫 20世紀最大の彫刻家であるジャコメッティの研究において、哲学者・矢内原伊作(1918-89)の存在はとても大きなものです。矢内原は1956年から1961年の間に繰り返し渡仏し、そのモデView More >

アルベルト・ジャコメッティ《ヤナイハラ Ⅰ》1960-61年 国立国際美術館蔵 撮影:福永一夫 20世紀最大の彫刻家であるジャコメッティの研究において、哲学者・矢内原伊作(1918-89)の存在はとても大きなものです。矢内原は1956年から1961年の間に繰り返し渡仏し、そのモデView More >

Copyrighted Image