風間サチコ「けりのつかない物語」

「現在」起きている現象の根源を「過去」に探り、「未来」に垂れこむ暗雲を予兆させる黒い木版画を中心に制作する風間サチコ。制作活動の初期から、3.11に向き合った約10年前、延期となったオリンピック、そして、コロナ禍まで、これまでのキャリアを語る。

View More >

Recent Articles / 最新記事

ターナー賞2021

史上初めて最終候補すべてをアーティスト・コレクティブが占めることとなった2021年のターナー賞は、ベルファストを拠点に活動する11人のアーティストによるアレイ・コレクティブが受賞。北アイルランドを拠点とするアーティストとして初の受賞。View More >

馬定延「ホー・ツーニェン《ヴォイス・オブ・ヴォイド – 虚無の声》レビュー」

YCAMとの約2年間にわたるコラボレーションを通じて制作されたホー・ツーニェンの新作《ヴォイス・オブ・ヴォイド – 虚無の声》。馬定延は、同作の「声」を手がかりに、京都学派、そして、ひとつの枠組みに囚われない「歴史の主体」に関心を寄せるホーの視座を探る。View More >

Photo Report / フォトレポート

Partners Booth / パートナーブース

no image

ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術

 ミニマル・アートという言葉は、作家の個性を示すような表現性を捨て去り、幾何学的で単純なかたちの絵画や彫刻を制作した、1960年代アメリカの新しい美術動向の呼称として広まりました。その代表的な作家であるカール・アンドレとダン・フレイヴィンは、自ら手を動かすことをやめ、工業的に生産View More >

 ミニマル・アートという言葉は、作家の個性を示すような表現性を捨て去り、幾何学的で単純なかたちの絵画や彫刻を制作した、1960年代アメリカの新しい美術動向の呼称として広まりました。その代表的な作家であるカール・アンドレとダン・フレイヴィンは、自ら手を動かすことをやめ、工業的に生産View More >

no image

オンライントークイベント「YCAMオープンラボ2021:オルタナティブ・エデュケーション」を開催します

11月26日から2022年2月26日にかけて、公共文化施設のあり方を捉え直すオンラインのトークイベント「YCAMオープンラボ2021:オルタナティブ・エデュケーション」を開催することになりました。 世界規模で起きている社会的変化の多くはアートの世界にも影響を与えています。こうしたView More >

11月26日から2022年2月26日にかけて、公共文化施設のあり方を捉え直すオンラインのトークイベント「YCAMオープンラボ2021:オルタナティブ・エデュケーション」を開催することになりました。 世界規模で起きている社会的変化の多くはアートの世界にも影響を与えています。こうしたView More >

no image

特別展「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」

パディコンスの『死者の書』 第3中間期 縦24.5cm、横 61.2cm   開催概要 【展覧会名 】 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 【会 期 】 2021/11/20 (土)- 2022/2/27 (日) 【開館時間 】 10:00~18:00 (入場はView More >

パディコンスの『死者の書』 第3中間期 縦24.5cm、横 61.2cm   開催概要 【展覧会名 】 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 【会 期 】 2021/11/20 (土)- 2022/2/27 (日) 【開館時間 】 10:00~18:00 (入場はView More >

Copyrighted Image