分水嶺としての現在地──進藤冬華と宇多村英恵

芸術について考えるとき、作品に現れていない、制作行為やアーティストの経験といった観点に注意を向けることで、どのようなビジョンが見えてくるのだろうか?キュレーターの飯岡陸は進藤冬華と宇多村英恵の実践を通じて、「アーティストはどのように世界に介入しようとしているのか」を思考していく。

View More >

Recent Articles / 最新記事

李禹煥 @ 兵庫県立美術館

日本美術史における重要動向「もの派」を牽引し、1960年代から現在に至るまで国際的にも高い評価を得ている李禹煥の大規模個展。代表作が一堂に会す本展は、李自身が展示構成を考案。View More >

第1回「MIMOCA EYE / ミモカアイ」大賞、発表

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館が35歳以下のアーティストを対象に新設した公募展「MIMOCA EYE / ミモカアイ」。記念すべき第1回目の大賞は《Phantom Body -蜜と泉-》を出品した西條茜が受賞。準大賞は、《シロクマの修復師》を出品した中谷優希が受賞。View More >

百瀬文 口を寄せる @ 十和田市現代美術館

映像表現を中心に、他者とのコミュニケーションの中で生じる不均衡をテーマとし、身体・セクシュアリティ・ジェンダーをめぐる問題を追究してきた百瀬文の個展。自身初の試みとなる新作サウンド・インスタレーションを中心に、「声」に関する過去作品とともに展覧会を構成する。View More >

Photo Report / フォトレポート

no image

第16回リヨン・ビエンナーレ:manifesto of fragility – Fagor factories (3)

第16回リヨン・ビエンナーレ:manifesto of fragility
2022年9月14日(水)– 12月31日(土)
キュレーター:サム・バードウィル&ティル・フェルラス
Fagor factories

第16回リヨン・ビエンナーレ:manifesto of fragility
2022年9月14日(水)– 12月31日(土)
キュレーター:サム・バードウィル&ティル・フェルラス
Fagor factories

no image

第16回リヨン・ビエンナーレ:manifesto of fragility – Fagor factories(2)

第16回リヨン・ビエンナーレ:manifesto of fragility
2022年9月14日(水)– 12月31日(土)
キュレーター:サム・バードウィル&ティル・フェルラス
Fagor factories

第16回リヨン・ビエンナーレ:manifesto of fragility
2022年9月14日(水)– 12月31日(土)
キュレーター:サム・バードウィル&ティル・フェルラス
Fagor factories

no image

第16回リヨン・ビエンナーレ:manifesto of fragility – Fagor factories

第16回リヨン・ビエンナーレ:manifesto of fragility
2022年9月14日(水)– 12月31日(土)
キュレーター:サム・バードウィル&ティル・フェルラス
Fagor factories

第16回リヨン・ビエンナーレ:manifesto of fragility
2022年9月14日(水)– 12月31日(土)
キュレーター:サム・バードウィル&ティル・フェルラス
Fagor factories

Partners Booth / パートナーブース

no image

どこかで?ゲンビ 手嶋勇気「ひろしまスケッチ vol.3」 @ヱビデンギャラリー

平和大通り沿いのショーウィンドウで、広島を拠点に活動する若手作家を紹介 美術館が改修工事にともなう休館のあいだ、平和大通り沿いのヱビデンギャラリーで広島を拠点に活動する若手作家の作品展示をおこないます。第5弾で紹介するのは、広島を拠点に活動する作家・手嶋勇気。手嶋は近年、スマートView More >

平和大通り沿いのショーウィンドウで、広島を拠点に活動する若手作家を紹介 美術館が改修工事にともなう休館のあいだ、平和大通り沿いのヱビデンギャラリーで広島を拠点に活動する若手作家の作品展示をおこないます。第5弾で紹介するのは、広島を拠点に活動する作家・手嶋勇気。手嶋は近年、スマートView More >

no image

第34回熊本市民美術展 熊本アートパレード

この度、熊本市現代美術館では「第34回熊本市民美術展 熊本アートパレード」を開催いたします。 本展は、15歳以上(中学生は除く)の熊本市在住・在学・在勤者または熊本市出身者なら誰でも無審査で出品することができるアンデパンダン形式の公募展です。 今年のテーマは「20(にじゅう)」。View More >

この度、熊本市現代美術館では「第34回熊本市民美術展 熊本アートパレード」を開催いたします。 本展は、15歳以上(中学生は除く)の熊本市在住・在学・在勤者または熊本市出身者なら誰でも無審査で出品することができるアンデパンダン形式の公募展です。 今年のテーマは「20(にじゅう)」。View More >

Copyrighted Image