タニア・ブルゲラ、小泉明郎「「表現の自由を守る」・その後」

2019年8月14日、「表現の自由を守る」を公表し、日本から出国する前のタニア・ブルゲラと、同じくあいちトリエンナーレ2019の参加アーティストである小泉明郎に同日までの状況とステートメントの意図を訊ねた。

View More >

Recent Articles / 最新記事

第31回高松宮殿下記念世界文化賞

9月17日、公益財団法人日本美術協会が、国内外問わず世界の優れた芸術家を顕彰する高松宮殿下記念世界文化賞の第31回受賞者を発表。ウィリアム・ケントリッジやモナ・ハトゥムらが受賞。View More >

第16回イスタンブール・ビエンナーレ

2019年9月14日、第16回イスタンブール・ビエンナーレが、キュレーターのニコラ・ブリオーの掲げる「7番目の大陸」というタイトルの下、旧倉庫から美術館へと改装したアントレポ5、ペラ博物館、ビュユック島を会場に開催。View More >

Photo Report / フォトレポート

Partners Booth / パートナーブース

no image

グレゴール・シュナイダー 「SUPPE AUSLÖFFELN けりを付ける(スープを飲み干す)」

Gregor Schneider グレゴール・シュナイダー    SUPPE AUSLÖFFELN けりを付ける(スープを飲み干す)   2019年9月25日 – 11月9日      ワコウ・ワークス・オブ・アートではこの度、View More >

Gregor Schneider グレゴール・シュナイダー    SUPPE AUSLÖFFELN けりを付ける(スープを飲み干す)   2019年9月25日 – 11月9日      ワコウ・ワークス・オブ・アートではこの度、View More >

no image

浅野氏広島城入城400年記念事業 鯉はおよぐ

    広島城からはじまる3つのヒストリー 今から400年前の1619年(元和5年)、浅野家初代広島藩主・浅野長晟(ながあきら)が広島城に入城し、以後1871年(明治4年)の廃藩置県まで浅野家は広島城を居城とし、安芸広島国を治めていました。現在の広島城は戦後再View More >

    広島城からはじまる3つのヒストリー 今から400年前の1619年(元和5年)、浅野家初代広島藩主・浅野長晟(ながあきら)が広島城に入城し、以後1871年(明治4年)の廃藩置県まで浅野家は広島城を居城とし、安芸広島国を治めていました。現在の広島城は戦後再View More >

大竹伸朗 ビル景 1978-2019

大竹伸朗(1955-)は、1980年代初めにデビュー以降、絵画を中心に、印刷、音、写真や映像などの多彩な表現を展開し、その活動は、現代美術の世界だけでなく、文字やデザインなど、幅広いジャンルに影響を与えてきました。 本展では、1970年代から現在までの約40年間にわたり、大竹が「View More >

大竹伸朗(1955-)は、1980年代初めにデビュー以降、絵画を中心に、印刷、音、写真や映像などの多彩な表現を展開し、その活動は、現代美術の世界だけでなく、文字やデザインなど、幅広いジャンルに影響を与えてきました。 本展では、1970年代から現在までの約40年間にわたり、大竹が「View More >

no image

<特別展>インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史

アンビルト/未完の建築から、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望する 建築の歴史を振り返ってみると、完成に至らなかった優れた構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイデアが数多く存在しています。未来に向けて夢想した建築、技術的には可能であったにもかかわらず社会的な条件や制度によって実施できなView More >

アンビルト/未完の建築から、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望する 建築の歴史を振り返ってみると、完成に至らなかった優れた構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイデアが数多く存在しています。未来に向けて夢想した建築、技術的には可能であったにもかかわらず社会的な条件や制度によって実施できなView More >

CAMKコレクション展 vol.6 きっかけは「彫刻」。 ―近代から現代までの日本の彫刻と立体造形

  熊本市現代美術館のコレクションから、彫刻・立体作品の特集展を開催します。 当館の収蔵する彫刻・立体作品群は、幕末から明治に大流行した生人形を例外として、制作年が1990年以降のものがほとんどですが、木材やブロンズなど彫刻ならではの素材に加え、ファブリックや鉄、FRPView More >

  熊本市現代美術館のコレクションから、彫刻・立体作品の特集展を開催します。 当館の収蔵する彫刻・立体作品群は、幕末から明治に大流行した生人形を例外として、制作年が1990年以降のものがほとんどですが、木材やブロンズなど彫刻ならではの素材に加え、ファブリックや鉄、FRPView More >

Copyrighted Image