ローザ・バルバ「共時性の乱れる瞬間」

映画にまつわるさまざまな機材や要素を駆使し、映画装置それ自体を精妙なキネティック・スカルプチャーとして扱うローザ・バルバの制作の背景に迫る。

View More >

Recent Articles / 最新記事

日産アートアワード2020が8月1日に開幕

日産アートアワード事務局が、4回目の開催となる『日産アートアワード2020』を8月1日から9月22日まで開催すると発表。潘逸舟、風間サチコ、三原聡一郎、土屋信子、和田永の5名のファイナリストが新作を展示する。View More >

椹木野衣 美術と時評92:新型コロナ禍と「Don’t Follow the Wind」— そして「見に行くことができない展覧会」だけが残った

福島県の帰還困難区域で“見に行くことができない展覧会”として続く「Don’t Follow the Wind」(2015-)。今春、「復興五輪」を前に同区域で避難指示が一部解除されたが、新型コロナ禍で五輪は延期、さらに世界は見に行けないものばかりになった。幾重にも逆転したような現状を論考する。View More >

Photo Report / フォトレポート

Partners Booth / パートナーブース

no image

NEWS : サイモン・フジワラ『CADAN Showcase 01 NEWSPACE / NEWCOLLABORATION』@CADAN有楽町

サイモン・フジワラが『CADAN Showcase 01 NEWSPACE / NEWCOLLABORATION』に参加します。 会場:CADAN有楽町(東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル1F) 会期:2020年7月17日(金)-2020年8月9日(日) 営業時間:11View More >

サイモン・フジワラが『CADAN Showcase 01 NEWSPACE / NEWCOLLABORATION』に参加します。 会場:CADAN有楽町(東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル1F) 会期:2020年7月17日(金)-2020年8月9日(日) 営業時間:11View More >

no image

夏のオープンラボ:澤田華 360°の迂回

美術館活動の可能性を探る、シリーズ企画! 澤田華(1990-)は、印刷物などの写真のなかに小さく写り込んだ正体不明の物体に着目し、さまざまな方法で分析と検証を重ね、その過程をインスタレーション作品として発表してきました。よくわからないこと、不明なものは、とかく人を不安に陥れるものView More >

美術館活動の可能性を探る、シリーズ企画! 澤田華(1990-)は、印刷物などの写真のなかに小さく写り込んだ正体不明の物体に着目し、さまざまな方法で分析と検証を重ね、その過程をインスタレーション作品として発表してきました。よくわからないこと、不明なものは、とかく人を不安に陥れるものView More >

no image

<コレクション展>コレクション・ハイライト+特集「肖像(わたし)」

被爆75周年を迎える広島で、「ヒロシマ」を考える 本展は、特集展示「肖像(わたし)」と題した前半部分と、後半の「コレクション・ハイライト」により構成されています。 コレクション・ハイライトでは、「ヒロシマ」を起点に平和を問う作品を紹介します。当館は、被爆都市・広島の美術館として、View More >

被爆75周年を迎える広島で、「ヒロシマ」を考える 本展は、特集展示「肖像(わたし)」と題した前半部分と、後半の「コレクション・ハイライト」により構成されています。 コレクション・ハイライトでは、「ヒロシマ」を起点に平和を問う作品を紹介します。当館は、被爆都市・広島の美術館として、View More >

Copyrighted Image