no image

高松市塩江美術館企画展 「鉛筆淡彩画―伊東義久の世界ー」展

      伊東義久(1997-2003)は、移り行く自然に魅了され、水彩を用いた透明感のある風景作品を描き残しています。 無駄のないのびやかな鉛筆の線で描き、水彩による淡彩がほどこされた作品には趣きと空気感が生み出されています。 また、伊藤はドイツView More >

no image

安野光雅 空想と風景 絵本原画の魅力

  絵本デビュー作から近作まで、安野光雅の多様な世界を一望 画家、絵本作家、装丁家、デザインなど、半世紀以上にわたり多彩な活動を続ける安野光雅(1926年島根県津和野町生まれ)の作品は、その時々により画風を変え、私たちを驚かせます。また、科学、数学、文学などに造詣が深いView More >

Copyrighted Image