no image

高山明/Port B『ワーグナー・プロジェクト』とはなんだったのか: 二重化され、生成される「振る舞い」と「状況」の演劇

Photo: Naoya Hatakeyama   高山明/Port B 『ワーグナー・プロジェクト』とはなんだったのか: 二重化され、生成される「振る舞い」と「状況」の演劇 文 / 相馬千秋   演劇とは何か。ハンス=ティース・レーマンは論考「ポストドラマ演View More >

no image

ドクメンタ14(カッセル)

ドクメンタ14(カッセル) 文 / 大舘奈津子 フリデリチアヌム美術館 会期も終わりに近づいた8月末、ようやくドクメンタ14を観ることができた。ちょうどフランコ・“ビフォ”・ベラルディによるパフォーマンス「浜辺のアウシュビッツ」の上演が予定されていたにもかかわらず、そのタイトルにView More >

no image

第57回ヴェネツィア・ビエンナーレ企画展「Viva Arte Viva」

第57回ヴェネツィア・ビエンナーレ企画展「Viva Arte Viva」 文 / 大舘奈津子 自らの党「前進!」を立ち上げて既存の政党からの脱却を図ったエマニュエル・マクロンが、フランス大統領選の決選投票で極右政党とされる国民戦線のマリーヌ・ルペンを破って共和政における史上最年少View More >

no image

難民の移動ルートを学びの場へ変容させる「道の演劇」

難民の移動ルートを学びの場へ変容させる「道の演劇」: ヨーロピアン・シンクベルト / マクドナルド放送大学 レポート 文/ 相馬千秋 写真上: ムーザントゥルム劇場エントランス 写真下: 劇場内部のカフェ ここはどこだろう?多くの人が、瞬間的にマクドナルドを想起するにちがいない。View More >

no image

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015 文 / 大舘奈津子 京都市美術館 写真:福永一夫 京都で初の大規模な現代芸術の国際展『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭』が開幕した。 メイン会場は、1933年に建てられた和洋折衷の重厚な帝冠様式の京都市美術館である。こView More >

no image

日常の身ぶりで祖霊の時間とむきあうドラマツルギー——飴屋法水『いりくちでくち』

日常の身ぶりで祖霊の時間とむきあうドラマツルギー 飴屋法水『いりくちでくち』 文 / 岩城京子 九州北東部の突端に「おでき」のようにくっついた国東半島は、閉じられた土地であり、開かれた土地でもある。効率と速度を重んじる現代人の視点で見れば、ここは別府駅も大分駅も空港から車で小一時View More >

Copyrighted Image