現代アートを対象にした、ウェブマガジンと会員制コミュニティ

ルアンルパ「贅沢なリスク」

あいちトリエンナーレにも参加したジャカルタを拠点に活動するアーティスト・コレクティブへのインタビュー。

INTERVIEW 12.3

Recent Articles 最新記事

62:再説・「爆心地」の芸術(29)種差デコンタ2016(3)

「種差デコンタ2016」展から始まった論考・後編。赤城修司を通じた「カリオキバ」考察から、「日本的除染」という事態が浮かび上がる。

COLUMN 11.29
南隆雄『Difference Between』@ オオタファインアーツ

2016年12月6日(火)-2017年1月14日(土)
国立新美術館で開幕する『19th DOMANI・明日展』にも参加する南隆雄の個展。2014年に制作した「Difference Between」を日本国内で初めて発表する。

RECOMMENDED 12.6
endless 山田正亮の絵画 @ 東京国立近代美術館

2016年8月30日(火)-11月13日(日)
「絵画と契約する」ことによって、50年以上にわたって絵画を描き続けた山田正亮の初の本格的回顧展を開催。

RECOMMENDED 12.6
ターナー賞2016

2016年12月5日、ロンドンのテート・ブリテンにて、世界有数の現代美術の賞として国際的に知られるターナー賞の授賞式が開かれ、ヘレン・マーティンの受賞が発表された。

NEWS 12.6
第1回 国際アートプラクティス会議(ICAP TOKYO 2016)開催

東京藝術大学大学院映像研究科が実施するリサーチ・プログラム「geidaiRAM」は、12月10日(土)、11日(日)の2日間にわたって国際カンファレンス「ICAP(アイキャップ:国際アートプラクテ

NEWS 12.5

今週開始|『第19回 DOMANI・明日展』(国立新美術館)ほか
今週終了|『さいたまトリエンナーレ2016』(さいたま市各所)ほか

NEWS 12.5
ホセ・レオン・セリーヨ   「駆動するヴォイド」

抽象やモダニズムを失敗した形式として再考するセリーヨへのインタビュー後編。岡山では旧後楽館天神校舎跡地の空間を縦横断する作品を展示。

INTERVIEW 11.16
連載 田中功起 質問する 13-6:菅原伸也さんから 3

今回の締めくくりとなる菅原の手紙は共同体再考において「ケアの倫理」を掘り下げ、アガンベンのイメージ論も援用して人間の差異/共通点を考える。

COLUMN 10.21

Partner Booth パートナーブース
美術館ギャラリーパートナー