現代アートを対象にした、ウェブマガジンと会員制コミュニティ

カスパー・ケーニヒ    「残るものさえ真理なり」

今年6月に開催する彫刻プロジェクトに第1回から携わるカスパー・ケーニヒへのインタビュー。

INTERVIEW 1.15

Recent Articles 最新記事

ダン・ペルジョヴスキ「L-I-F-E」

政治、社会、文化にまつわる事象にユーモアや風刺を織り交ぜて言及するドローイングで知られるダン・ペルジョヴスキへのインタビュー。

INTERVIEW 12.31

今週開始|『エリザベス ペイトン:Still life 静/生』(原美術館)ほか
今週終了|『フードスケープ 私たちは食べものでできている』(アーツ前橋)ほか

NEWS 1.16
アート・アーカイヴ資料展XV「なだれうつアヴァランチ」@ 慶應義塾大学アート・スペース

2017年1月11日(水)-3月17日(金)
ニューヨークを拠点に活動していたウィロビー・シャープとリザ・ベアが発行した雑誌「アヴァランチ」に焦点を当て、印刷物とアートの関係を考察する企画展。

RECOMMENDED 1.14
戸谷成雄『森 X』@ シュウゴアーツ

2016年12月16日(金)-2017年2月5日(日)
彫刻をめぐる根源的な問いを一貫して探り続ける戸谷成雄が87年に第一作を発表して以来、ライフワークとして制作を続けてきた森シリーズの十作目を発表。

RECOMMENDED 1.13
スティーブ・ビショップ個展「What Would It Be Without You」 @ TALION GALLERY

2017年1月14日(土)-2月12日(日)
個人的でひそやかな記憶の領域と、そこに侵入するかのような象徴的トリガーが埋め込まれた映像・音響作品やインスタレーション作品を手がけるスティーブ・ビショップのアジア圏初個展。

RECOMMENDED 1.12
関川航平展「figure / out」@ ガーディアン・ガーデン

2017年1月11日(水)-1月27日(金)
ドローイングのみならず、インスタレーションやパフォーマンスなどさまざまなアプローチで、作品を介して起こる意味の伝達について考察する関川航平の個展を開催。

RECOMMENDED 1.9
東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス、第6期HAPSスタジオ使用者募集

東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)が、小学校跡地を利用した制作スタジオを使用するアーティスト1組の募集を開始。

NEWS 1.8
62:再説・「爆心地」の芸術(29)種差デコンタ2016(3)

「種差デコンタ2016」展から始まった論考・後編。赤城修司を通じた「カリオキバ」考察から、「日本的除染」という事態が浮かび上がる。

COLUMN 11.29

Partner Booth パートナーブース
美術館ギャラリーパートナー