no image

Projects 90: 宋冬(ソン・ドン)

6.24 – 9.21 ニューヨーク近代美術館 2005年、北京のBTAPでの開催後に、光州、ベルリン、ウォルソールと巡回した個展。「物尽其用 」を展示する。作家の母親が捨てきれずに収集し続けた数々のものが圧倒的なスケールで陳列され、家族の思いと中国の激動の歴史を物語View More >

no image

名和晃平:L_B_S 展 

6.19 – 9.23 メゾンエルメス8階フォーラム Scum – Complusion, 2008 1975 年生まれの作家の新作展。物質をガラスビーズやフォーム状のポリウレタンなどで覆い、その表皮を変貌させる『Pi xCel l』シリーズを大規模に展開View More >

no image

嚴培明(ヤン・ペイミン)

6.19 – 10.11 ユーレンス現代美術センター(北京) 偶像視される肖像画家が初めてキャンバスを離れる本展は、「インスタレーション」としての構成を追求する。展示されるのはセンターの壁面に描かれた巨大な風景画と、中国人の赤ん坊200人のポートレートを描いた「彩色さView More >

no image

Indonesian Contemporary Self Portraits

6.18 – 30 シギ・アーツ(ジャカルタ) インドネシアを代表する、自分自身をモデルに制作する作家を集めた「セルフポートレイト」展。自身をモチーフにインドネシアの政治、宗教観などをコミカルに風刺するアグス・スワゲ、最近は彫刻から平面作品に移行しつつある若手作家ブデView More >

no image

ラリーサ・ヒョース「CU」

6.5 – 8.2 Centre for Contemporary Photography (メルボルン) 世界中のユーザーのから感情にまつわるSMS(ショートメッセージサービス)メッセージを収集。その感情に呼応するイメージを作り出し、悲しみ、愛、友情などの感情が表れView More >

Copyrighted Image