no image

台北當代2020

2020年1月17日から19日までの3日間にわたり、台湾、東アジア、欧米の現代美術を専門とするギャラリーを中心に昨年を超える99のギャラリーが参加するアートフェア「台北當代2020」が昨年に続き台北市内の南港展覧館で開催。

no image

ヒューゴ・ボス賞2020、最終候補発表

ヒューゴ・ボスとニューヨークのソロモン・R・グッゲンハイム美術館および財団は、ヒューゴ・ボス賞2020の最終候補に、ナイリー・バグラミアン、ケヴィン・ビーズリー、ディアナ・ローソン、エリアス・サイム、セシリア・ビクーニャ、アドリアン・ビジャール・ロハスの6名を選出。

no image

韓国美術家賞2019

2019年11月28日、韓国国立近現代美術館はSBS財団と共催する韓国国内有数の現代美術賞、韓国美術家賞に、展示空間であると同時に収蔵機能も併せ持つ新しい空間、これからの美術館の収蔵システムのプロトタイプとして考案された新作《Love Your Depot》を発表したイ・ジュヨを選出した。

no image

ターナー賞2019

2019年12月3日、世界有数の現代美術賞として毎年国際的な注目を集めるターナー賞の授賞式が開催された。最終候補となったローレンス・アブ・ハムダン、ヘレン・カモック、オスカー・ムリーロ、タイ・シャニの提案を審査員が受け入れ、最終候補4名がひとつのコレクティブとしてターナー賞2019を受賞。

no image

第15回シャルジャ・ビエンナーレのキュレーターに故オクウィ・エンヴェゾー

2021年3月に開催予定の第15回シャルジャ・ビエンナーレのキュレーターを、今年3月に逝去した故オクウィ・エンヴェゾーが務めると発表した。エンヴェゾーの意向の下、シャルジャ・アートファウンデーションのディレクター、ホーア・アル・カシミが共同キュレーターを務める。

Copyrighted Image