no image

2月5日(火)中島吏英 × 坂田明ライブパフォーマンス 【原美術館】

※満席につき予約受付終了いたしました。 自作の電池モーターと小さなファウンド・オブジェを組み合わせ、サイトスペシフィックに音を配置していくインスタレーションとパフォーマンスで注目を集めるロンドン在住のアーティスト 中島吏英(なかじま りえ)とジャズ界の重鎮 坂田明が、原美術館の中View More >

no image

<審査結果発表!>ゲンビ「広島ブランド」デザイン公募2018

\ 審査結果発表!/ 「ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募」は、広島にまつわるデザイン案を募集し、広島の暮らしをデザインの観点から改めて問い直すプログラムです。 全国から集まった多数の応募プランより、特別審査員(貞廣一鑑氏、鈴木康広氏、須藤玲子氏)と広島市現代美術館による審査の結View More >

no image

制作協力のお願い ガラス瓶をご提供ください 【原美術館】

※必要個数に達したため、受付終了いたしました。ありがとうございました。(2019.1.28) 原美術館では、本年4月より開催される「自然国家」展(仮題)に際し、ガラス瓶を集めています。ご提供いただいた瓶は作品の一部として展示される予定です。 つきましては、下記要領で収集しますのでView More >

no image

開館30周年記念特別展「美術館の七燈」

美術館がまもるものと、美術館をまもるもの 広島市現代美術館は1989年(平成元年)、公立館としては国内初の現代美術を専門とする美術館としてオープンしました。その30周年を記念し、活動の軌跡および、その基盤となった美術館建築を中心に紹介する本展では、これまでに当館が収集してきたコレView More >

no image

「ソフィ カル―限局性激痛」 原美術館コレクションより 2019 年1 月5 日[土]-3 月28 日[木]【原美術館】

世界的に注目されるフランスの女性現代美術作家、ソフィ カル。19年前に原美術館で開催し、大きな反響を呼んだソフィ カルの個展「限局性激痛」(1999-2000年)を、フルスケールでご覧いただく再現展を開催いたします。同展は日本の美術館におけるカルの初個展として開催され、会期終了後View More >

「バブルラップ」《熊本市現代美術館》

世界的に活躍する現代美術家 村上隆が、自身のコレクションをもとに展覧会を企画します。 本展は、バブル経済期を中心とするアートムーブメントを軸に、1990年以降の陶芸芸術を合わせて俯瞰することで、戦後の現代美術を捉えなおそうという非常に意欲的な試みです。 本展について、村上はこのよView More >

no image

東京都現代美術館「リニューアル・オープン記念展」のお知らせ

東京都現代美術館は、1995年の開館から20年を経て、諸設備の改修と利便性の向上のため およそ3年にわたる休館を挟み、2019年3月下旬にリニューアル・オープンを迎えることとなりました。 このたびリニューアル・オープンを記念して、企画展示室(3フロア)とコレクション展示室(2フロView More >

no image

「原美術館」(東京都品川区)2020年12月閉館ならびに 「ハラ ミュージアム アーク」(群馬県渋川市) 館名変更のお知らせ

公益財団法人アルカンシエール美術財団は、1979年に「原美術館」を東京都品川区に、1988年に「ハラ ミュージアム アーク」を群馬県渋川市に設立し、この二つの美術館を拠点(いずれも博物館法の定めによる「登録博物館」)として、現代美術の振興と国際交流につとめてまいりました。 このたView More >

no image

<特別展>松江泰治 地名事典|gazetteer

美術館発、写真で世界を巡る旅 松江泰治(1963年、東京都生まれ)はこれまで、世界各地へ赴き、撮影した土地を写真作品として発表してきました。松江の選ぶ被写体は、岩肌が剥き出しの山間地、木々の生い茂る森林地帯、高層ビルが建ち並んだ都市、古い家並みの広がる街など、あくまでその土地の表View More >

Copyrighted Image