no image

αMプロジェクト2018のキュレーターおよびテーマ発表

デザイン:山田拓矢   武蔵野美術大学が運営するギャラリーαMは、2018年度のαMプロジェクトのゲストキュレーターとして、東京国立近代美術館企画課長の蔵屋美香を招聘すると発表した。「絵と、 」というテーマのもと、五月女哲平、藤城嘘、村瀬恭子、千葉正也、中村一美の5人のView More >

no image

第43回木村伊兵衛写真賞

小松浩子、「人格的自律処理」ギャラリーαMでの展示   2018年3月18日、朝日新聞出版は第43回木村伊兵衛写真賞の受賞者に、小松浩子と藤岡亜弥のふたりを選出した。授賞式は4月24日に東京・一ツ橋の如水会館で行ない、小松と藤岡にはそれぞれ賞状、賞牌および賞金50万円がView More >

no image

2018年ハッセルブラッド国際写真賞

MHyC-eEmHJQ 2018年3月8日、ハッセルブラッド財団は写真界に多大な功績を残した写真家やアーティストを表彰するハッセルブラッド国際写真賞を、ラテンアメリカを代表するアーティストのひとり、オスカー・ムニョスに授賞すると発表した。ムニョスには賞金100万スウェーデンクローView More >

no image

第21回岡本太郎現代芸術賞

2018年2月15日、財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団および川崎市岡本太郎美術館は、第21回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)の受賞者を発表した。グランプリとなる太郎賞は、さいあくななちゃんが受賞。また、岡本敏子賞は弓指寛治、特別賞は市川ヂュン、冨安由真、ユゥキユキがそれぞれ受View More >

no image

2018年4月、国内唯一の国立の映画専門機関「国立映画アーカイブ」が誕生

2018年2月6日、東京国立近代美術館フィルムセンターが、2018年4月に独立行政法人国立美術館の6番目の組織、映画専門機関「国立映画アーカイブ」として新たな位置づけで設置されることが発表された。 これまで東京国立近代美術館の1部門として、映画の収集、保存、公開、活用を続けてきたView More >

no image

韓国美術家賞2017

Song Sanghee 韓国国立現代美術館は、現在開催中の展覧会『韓国美術家賞2017』の出品作家から、ソン・サンヒを韓国美術家賞の受賞者に選出した。ソンには賞金1,000万ウォン(約102万円)と自身の制作に関するドキュメンタリー映像の制作依頼の権利が与えられる。 ソン・サンView More >

Copyrighted Image