no image

第1回「MIMOCA EYE / ミモカアイ」大賞、発表

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館が35歳以下のアーティストを対象に新設した公募展「MIMOCA EYE / ミモカアイ」。記念すべき第1回目の大賞は《Phantom Body -蜜と泉-》を出品した西條茜が受賞。準大賞は、《シロクマの修復師》を出品した中谷優希が受賞。

百瀬文 口を寄せる @ 十和田市現代美術館

映像表現を中心に、他者とのコミュニケーションの中で生じる不均衡をテーマとし、身体・セクシュアリティ・ジェンダーをめぐる問題を追究してきた百瀬文の個展。自身初の試みとなる新作サウンド・インスタレーションを中心に、「声」に関する過去作品とともに展覧会を構成する。

no image

第16回リヨン・ビエンナーレ:manifesto of fragility – ガダーニュ博物館、フルヴィエール宗教博物館、ルグドゥノム博物館&古代ローマ劇場

第16回リヨン・ビエンナーレ:manifesto of fragility
2022年9月14日(水)– 12月31日(土)
キュレーター:サム・バードウィル&ティル・フェルラス
ガダーニュ博物館、フルヴィエール宗教博物館、ルグドゥノム博物館&古代ローマ劇場

no image

分水嶺としての現在地──進藤冬華と宇多村英恵

芸術について考えるとき、作品に現れていない、制作行為やアーティストの経験といった観点に注意を向けることで、どのようなビジョンが見えてくるのだろうか?キュレーターの飯岡陸は進藤冬華と宇多村英恵の実践を通じて、「アーティストはどのように世界に介入しようとしているのか」を思考していく。

Copyrighted Image