ターナー賞2019最終候補

2019年5月1日、テート・ブリテンは世界有数の現代美術賞として知られるターナー賞の最終候補に、ローレンス・アブ・ハムダン、ヘレン・カモック、オスカー・ムリーロ、タイ・シャニの名前を発表した。最終候補に残った4名は、ケント州マーゲイトのターナー・コンテンポラリーで9月28日から開かれる展覧会に出品する。

ローレンス・アブ・ハムダンがロンドンのチゼンヘール・ギャラリーでの個展とテート・モダンのタンクスで発表したインスタレーションとパフォーマンス、ヘレン・カモックがデリー/ロンドンデリーのヴォイド・ギャラリー、ダブリンのアイルランド現代美術館での個展、オスカー・ムリーロが第10回ベルリン・ビエンナーレの展示、ケンブリッジ大学のケトルズ・ヤードと上海のK11での個展、タイ・シャニがグラスゴー・インターナショナル2018の展示、リーズのテトリーでの個展、ノッティンガム・コンテンポラリーとベクスヒル=オン=シーのデ・ラ・ワー・パビリオンに巡回した企画展への参加が選考対象として高く評価された。

1984年に設立されたターナー賞は、展覧会をはじめとする過去1年間の活動実績を基に、活動拠点をイギリスに置くアーティストを対象とする現代美術賞。2017年に50歳以下という条件が撤廃され、ルバイナ・ヒミッドとハーヴィン・アンダーソンが最終候補に選出された。同時代のイギリス現代美術の一側面を切り取る最終候補の選考は、テート・ブリテンをはじめとするより幅広い観客を持つ美術機関で展示されることで、しばしば議論を引き起こしている。長きにわたり、テート・ブリテンを展示会場としてきた同賞は、2011年以降、隔年でロンドン以外の都市の美術機関を展示会場に使用しており、2019年は、賞の名前の由来ともなったJ・M・W・ターナーが愛した海辺の街、近年再開発が進むマーゲイトにあるターナー・コンテンポラリーで開催される。授賞式は12月3日で、BBCの中継の下、プレゼンターから受賞者の名前が発表される。受賞者には賞金25,000ポンド(約350万円)、そのほかの最終候補にはそれぞれ5,000ポンドが授与される。本年度の審査員は、ロンドンのガスワークス&トライアングル・ネットワークのディレクター、アレッシオ・アントニオーリ、同じくロンドンのショウルームのディレクターであり、ゴールドスミス・カレッジの視覚芸術学科講師のエルヴィラ・ヤンガーニ、ターナー・コンテンポラリーのディレクター、ヴィクトリア・ポメリー、主にファッションを専門とするジャーナリストのチャーリー・ポーターの4名。審査委員長はテート・ブリテンのディレクター、アレックス・ファーカソン(テート・ブリテン ディレクター)が務める。

一方、最終候補とともに、主なスポンサーとして、地元のバス会社ステージコーチ・サウスイーストの名前が発表されたことに疑問の声が上がっている。同社を傘下に置くステージ・コーチ・グループを運営する資産家ブライアン・ソーターは、反LGBT的な態度を公にしており、2000年には公的な教育現場での同性愛の助長を禁じた地方自治体法28条(通称:セクション28)をスコットランドで維持するためのキャンペーンに100万ポンドを出資している。2014年のシドニー・ビエンナーレにおけるトランスフィールド財団のスポンサー降板、テートやグッゲンハイム美術館のサックラー財団からの寄付拒否など、美術界とスポンサーの関係の見直しが迫られるなか、ターナー賞の判断にも注目が集まる。

 

ターナー賞https://www.tate.org.uk/art/turner-prize

ターナー賞2019
2019年9月28日(土)-2020年1月12日(日)
Turner Contemporary, Margate
https://www.turnercontemporary.org/

 

 


 


Lawrence Abu Hamdan, installation view of Earwitness Inventory at Chisenhale Gallery, London 2018. 95 sourced and custom designed objects/instruments, animated text, 29: 44 minutes, looped. Dimensions variable. Courtesy the artist and Chisenhale Gallery, London. Photo by Andy Keate.

ローレンス・アブ・ハムダン|Lawrence Abu Hamdan
選考対象:『Earwitness Theatre』(チゼンヘール・ギャラリー、ロンドン)
「Walled Unwalled」(テート・モダン タンクス、ロンドン)
「After SFX」(テート・モダン タンクス、ロンドン)

 


Helen Cammock, video still from The Long Note 2018. Courtesy the artist.

ヘレン・カモック|Helen Cammock
選考対象:『The Long Note』(ヴォイド・ギャラリー、デリー/ロンドンデリー)
『The Long Note』(アイルランド現代美術館、ダブリン)

 


Oscar Murillo, installation view of Violent Amnesia at Kettle’s Yard, 9 April 2019 – 23 June 2019. Photograph by Jack Hems. © Oscar Murillo. Courtesy the artist and David Zwirner.

オスカー・ムリーロ|Oscar Murillo
選考対象:第10回ベルリン・ビエンナーレ
『Violent Amnesia』(ケトルズ・ヤード、ケンブリッジ)
『Zhang Enli and Oscar Murillo Duo Solo Exhibition』(K11、上海)

 


Tai Shani, Installation view of DC: Semiramis at The Tetley, Leeds 2019 © Jules Lister. Courtesy the artist.

タイ・シャニ|Tai Shani
選考対象:グラスゴー・インターナショナル2018
『Semiramis』(ザ・テトリー、リーズ)
『Still I Rise: Feminisms, Gender, Resistance, Act 1』(ノッティンガム・コンテンポラリー)
『Still I Rise: Feminisms, Gender, Resistance, Act 2』(デ・ラ・ワー・パビリオン、ベクスヒル=オン=シー)

Copyrighted Image