ターナー賞2018候補

2018年4月26日、ロンドンのテート・ブリテンは世界有数の現代美術賞として知られるターナー賞の最終候補として、フォレンジック・アーキテクチャー、ナイーム・モハイエメン、シャーロット・プロジャー、ルーク・ウィルズ・トンプソンの名前を発表した。いずれも映像という手法を用いて、喫緊の政治問題、人権問題に取り組むアーティストおよび研究機関が選出された。

1984年に設立されたターナー賞は、活動拠点をイギリスに置くアーティストを対象に、過去1年間の展覧会などの活動実績を基に与えられる。50歳以下という条件が撤廃された昨年度は、同国におけるブラック・アーツ・ムーブメントの先駆的存在として人種やジェンダーの問題を扱った活動で知られるルバイナ・ヒミッドが、62歳という同賞史上最高齢での受賞を果たした。最終候補に選出された4組のアーティストによる展覧会は、2011年以降、隔年でテート・ブリテンとロンドン以外の都市の美術機関を会場としており、2018年はテート・ブリテンでの開催となる(会期:9月25日〜2019年1月6日)。展覧会を担当するのは、同館イギリス現代美術部門キュレーターのリンゼイ・ヤングと同部門アシスタントキュレーターのエルザ・クストゥ。

グランプリは12月の授賞式で発表され、受賞者には賞金25,000ポンド(約380万円)、そのほかの最終候補には各5,000ポンドが授与される。本年度の審査員は、美術批評家でArtReview誌編集委員のオリヴァー・バッシアーノ、クンストハレ・バーゼル ディレクターのエレナ・フィリポヴィッチ、ホルト-スミッソン財団 エグゼクティブ・ディレクターのリサ・ル・ファーブル、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート客員教授で小説家のトム・マッカーシー、審査委員長はテート・ブリテン ディレクターのアレックス・ファーカソン。

最終候補のプロフィールと審査対象となった展覧会は下記の通り。

 


 


Saydnaya_4: This corridor in the prison, known to be linear, was experienced by a survivor while he was tortured and the space was distorted by the traumatic conditions at the moment the memory was encoded. Image: Forensic Architecture

フォレンジック・アーキテクチャー|Forensic Architecture
ドクメンタ14
『Counter Investigations: Forensic Architecture』(ICAロンドン)
『Forensic Architecture: Towards an Investigative Aesthetics』(バルセロナ現代美術館[MACBA])
『Forensic Architecture: Towards an Investigative Aesthetics』(メキシコ自治大学付属現代美術館[MUAC])

 


Naeem Mohaiemen Tripoli Cancelled (2017) single channel film

ナイーム・モハイエメン|Naeem Mohaiemen
ドクメンタ14
『There is No Last Man』(MoMA PS1)

 


Charlotte Prodger Stoneymollan Trail (2015) Single channel video with sound, 43 Minutes. Coutesy of the artist, Koppe Astner, Glasgow and Hollybush Gardens, London. Video Still.

シャーロット・プロジャー|Charlotte Prodger
『BRIDGIT / Stoneymollan Trail』(ベルゲン・クンストハル)

 


Luke Willis Thompson autoportrait (2017) Installation view, Chisenhale Gallery. Commissioned by Chisenhale Gallery and produced in partnership with Create. Courtesy of the artist. Photo: Andy Keate.

ルーク・ウィルズ・トンプソン|Luke Willis Thompson
『Autoportrait』(チゼンヘール・ギャラリー)

 


 

ターナー賞2018
2018年9月25日(火)-2019年1月6日(日)
テート・ブリテン
http://www.tate.org.uk/visit/tate-britain

 


 

歴代受賞者
2017|ルバイナ・ヒミッド
2016|ヘレン・マーティン
2015|アッセンブル
2014|ダンカン・キャンベル
2013|ロール・プルーヴォ
2012|エリザベス・プライス
2011|マーティン・ボイス
2010|スーザン・フィリップス
2009|リチャード・ライト
2008|マーク・レッキー
2007|マーク・ウォリンジャー
2006|トマ・アブツ
2005|サイモン・スターリング
2004|ジェレミー・デラー
2003|グレイソン・ペリー
2002|キース・タイソン
2001|マーティン・クリード
2000|ヴォルフガング・ティルマンス
1999|スティーヴ・マックイーン
1998|クリス・オフィーリ
1997|ジリアン・ウェアリング
1996|ダグラス・ゴードン
1995|ダミアン・ハースト
1994|アントニー・ゴームリー
1993|レイチェル・ホワイトリード
1992|グレンヴィル・デイヴィー
1991|アニッシュ・カプーア
1990|中止
1989|リチャード・ロング
1988|トニー・クラッグ
1987|リチャード・ディーコン
1986|ギルバート&ジョージ
1985|ハワード・ホジキン
1984|マルコム・モーリー

Copyrighted Image