no image

〈高松市美術館〉高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.02 ―贈り物と交換―

「高松コンテンポラリーアート・アニュアル」は、独創性、将来性のある作家を発掘・紹介する年に一度の現代美術のグループ展です。パイロット展としての初回「vol.00」、瀬戸内国際芸術祭2010の連携企画として本格開催した「vol.01」に引き続き、「vol.02」を開催します。 今回View More >

no image

〈高松市塩江美術館〉藤原慎治展

藤原慎治は、生命の終着と再生にかたちを与えようとするアーティストです。たとえば、等身大のヒトガタたちを、展示空間を海のように見立てて配置する。中空のそれらの輪郭には裂け目や穴が施され、命を運ぶ器から中身がもれ出しているようです。あるいは、海辺を歩いて植物の種子や動物の骨などを採取View More >

no image

〈高松市美術館〉 すべての僕が沸騰する 村山知義の宇宙

 20世紀の初めに生をうけ、ベルリンでダダや構成主義などの新興芸術を吸収して1923年に帰国、「マヴォ(Mavo)」や「三科」といったグループの活動を通じて大正末期から昭和初期にかけて日本の近代美術に決定的な影響を与えた村山知義(1901-77)。本展は、1920年代に展開されたView More >

no image

〈高松市塩江美術館〉塩江アートプロジェクト 長野由美展 たまご響会

◇展覧会概要 展覧会名: 塩江アートプロジェクト 長野由美展 たまご響会 開催期間: 平成24年3月31日(土)~5月13日(日) 開催場所: 塩江美術館企画展示室 開館時間: 午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで) 入館料:  一般300円 大学生150円(常設展観覧料含むView More >

no image

〈高松市塩江美術館〉塩江アートプロジェクト 高松明日香展 イメージの擬態

◇展覧会概要 展覧会名: 塩江アートプロジェクト 高松明日香 イメージの擬態 開催期間: 平成23年12月17日(土)~平成24年2月5日(日)39日間 開催場所: 塩江美術館企画展示室 開館時間: 午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで) 入館料:   一般300円 大学生1View More >

no image

<高松市美術館> リサとガスパール&ペネロペ展

 犬でもうさぎでもない主人公リサとガスパール。二人が巻き起こす騒動を描いたフランス生まれの絵本が,2000年に初めて日本で翻訳され,現在では30作品を超える人気シリーズへ成長しました。そして,青いコアラの女の子が活躍するもう一つの絵本「ペネロペ」シリーズも広く子どもたちに愛されてView More >

no image

〈高松市塩江美術館〉響展

高松市塩江美術館では、日本特有の伝統文化の表現を使ってのアート+デザイン+ 音楽の展覧会を開催します。井上靖久(デザイン)、藤井康彰(日本画)、岸上奈 生(現代人形)、鍛冶川竹大(立体造形)の4人の作家の作品を展示します。伝統 の庵治石を素材とした三好石材と響 : HIBIKI View More >

no image

〈高松市塩江美術館〉ヘンないきもの♂展

今展覧会では、独創的ないきものたちを制作する3人の男性作家をご紹介いたします。 ひとつひとつ精巧につくられたフジツボを身にまとった不思議ないきもの、Seaman(シーマン)のシリーズを制作する四宮龍。流木や廃棄物を素材としてつくられた作品は、愛らしいユーモアを持ちつつも、環境破壊View More >

no image

<高松市塩江美術館>塩江アートプロジェクト GABOMI PHOTO EXHIBITION

塩江美術館では、2008年より「塩江アートプロジェクト」のシリーズを開催しています。これは、香川を拠点に活動する作家たちを応援し、アートを媒体として様々な世代とのコミュニケーションを目的とした企画です。今回ご紹介するのは、高知出身・香川在住の写真家GABOMI(ガボミ)です。彼女View More >

Copyrighted Image