高松市塩江美術館 企画展 染色家 山口摂華 存在の確認

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

染色家 山口摂華(やまぐちせつか)(香川県在住)は、1999年より和裁士として活動、その後、生地に色を染め出す世界に惹かれ、2008年からは染色家として作品を発表してきました。

作品は、身近な野菜や風景、時間をモチーフに、幾何学的デザインを用いることにより、その存在の確認を試みようとしています。幾何学的表現は錯視効果を生み、全体を眺めた時、別の違う景色を写し出しているかもしれません。

2018年の「第65回日本伝統工芸展」に初入選した友禅訪問着《Until…の時まで》は、白と黒のコントラストが際立つ作品です。

地色は黒の二度挿し。柄の一部を一度挿しで残すことにより一見、単調に見える黒に深みをもたらしています。白場は、白伏せと伏せなしの生地白を使い分け、染め上がりの色に微妙な変化をつけた細やかな柄と生地の地模様とが相乗効果を成した立体感のある作品に仕上がっています。

山口は伝統的な染の技を引き継ぎながらも現代にも通ずる前衛的デザインで、作品を制作し続けています。

本展では、作品のモチーフを想像していただきながら、身近な生活の中にある“もの”を再発見していただければ幸いです。

 

【関連イベント】

アーティストレクチャー  ※内容については、変更になる場合があります。

内 容:出品作家と担当学芸員が作品解説をおこないます。

開催日:11月13日(土) /11月23日(火・祝)

時 間:14:00~ 約60分程度

場 所:塩江美術館 企画展示室内

対 象:一般

参加料:展覧会観覧券が必要

展覧会基本情報

会期:

2021年10月26日(火)~12月5日(日)

会場:
高松市塩江美術館 企画展示室

休館日:
月曜日

開館時間:
午前9時~午後5時(入室は午後4時30分まで)

主催:
高松市塩江美術館

観覧料:
【一 般】300円(団体240円) ※常設展観覧料含む
【大学生】150円(団体 120円)
※高校生以下及び65歳以上の方、身体障害者手帳等お持ちの方は入場無料
新規ウインドウで開きます。高松市キャンパスメンバーズの学生は、学生証の提示で入場無料

お問い合わせ先
高松市塩江美術館(ホームページはこちら
電話:087-893-1800

 

Copyrighted Image