69:再説・「爆心地」の芸術(35):國府理『水中エンジン』とその分身

他界した現代美術家の作品再制作は、いかに可能か。その困難さを見つめつつ、「語りの誘発」なる視点を導入した論考。
2017年7月25日

68:再説・「爆心地」の芸術(34)南極建築と日常/非日常のポール・シフト

極地の建築史を追うユニークな展覧会から、筆者の論考は広島の原爆、メタボリズムと大阪万博、そして震災をつないでいく。
2017年6月24日

67:再説・「爆心地」の芸術(33)殿敷侃と「逆流」する反・風景

没後25年を迎えて出身地の広島で回顧展が実現した殿敷侃(とのしきただし)。作風を大きく変化させたその道筋を、現代から再考する。
2017年5月21日

66:再説・「爆心地」の芸術(32)終わらない国際展 ー Don’t Follow the Wind近況(3)

「見に行くことのできない展覧会」近況後編。福島の避難指示区域や、映画監督・大林宣彦とのやり取りについて語る。
2017年4月18日

65:再説・「爆心地」の芸術(31)終わらない国際展 ー Don’t Follow the Wind近況(2)

福島での「見に行くことのできない展覧会」近況報告は今回、筆者と映画監督・大林宣彦との関わりへと展開する。
2017年3月31日

64:再説・「爆心地」の芸術(30)終わらない国際展 ー Don’t Follow the Wind近況(1)

まもなく 3.11から6年、そして福島の帰還困難区域での「見に行くことのできない展覧会」開始から2年。実行委員/参加作家の筆者が近況を語る。
2017年2月24日

63:2016⇔2017 回視と展望

ほぼ1年前の本連載原稿と同様に、いわゆる「ベスト展覧会」とは異なる視点から1年を振り返り、今後について展望する。
2017年1月30日

62:再説・「爆心地」の芸術(29)種差デコンタ2016(3)

八戸での「種差デコンタ2016」展から始まった論考・後編。赤城修司を通じた「カリオキバ」考察から、「日本的除染」という事態が浮かび上がる。
2016年11月29日

61:再説・「爆心地」の芸術(28)種差デコンタ2016(2)

八戸での「種差デコンタ2016」展に端を発する論考・中編。赤城修司と前衛詩人・黒田喜夫の、時代を超えた不可視のつながりを考える。
2016年10月21日

60:再説・「爆心地」の芸術(27)種差デコンタ2016(1)

八戸市美術館での「赤城修司+黒田喜夫——種差デコンタ2016」展と関連フォーラムに訪れた筆者が、そこで何か起きていたかを考察する。
2016年9月28日

1 2 3 4 5 6 7 次ページ

最近のエントリー

17/07/25 10:45
69:再説・「爆心地」の芸術(35):國府理『水中エンジン』とその分身
17/06/24 10:00
68:再説・「爆心地」の芸術(34)南極建築と日常/非日常のポール・シフト
17/05/21 09:45
67:再説・「爆心地」の芸術(33)殿敷侃と「逆流」する反・風景
17/04/18 18:58
66:再説・「爆心地」の芸術(32)終わらない国際展 ー Don’t Follow the Wind近況(3)...
17/03/31 21:47
65:再説・「爆心地」の芸術(31)終わらない国際展 ー Don’t Follow the Wind近況(2)...
17/02/24 09:30
64:再説・「爆心地」の芸術(30)終わらない国際展 ー Don’t Follow the Wind近況(1)...
17/01/30 14:22
63:2016⇔2017 回視と展望
16/11/29 13:57
62:再説・「爆心地」の芸術(29)種差デコンタ2016(3)
16/10/21 18:21
61:再説・「爆心地」の芸術(28)種差デコンタ2016(2)
16/09/28 11:31
60:再説・「爆心地」の芸術(27)種差デコンタ2016(1)
16/07/28 12:54
59:再説・「爆心地」の芸術(26)第五福竜丸から今へ (2)
16/06/30 10:20
58:再説・「爆心地」の芸術(25)第五福竜丸から今へ (1)
16/05/23 11:33
57:再説・「爆心地」の芸術(24)園子温と『ひそひそ星』(2)
16/04/22 10:13
56:再説・「爆心地」の芸術(23)園子温と『ひそひそ星』(1)
16/03/20 09:43
55:再説・「爆心地」の芸術(22)清水大典の冬虫夏草図(2)
16/02/14 14:58
54:再説・「爆心地」の芸術(21)清水大典の冬虫夏草図(1)
15/12/22 15:50
53:2015年回視 — 「ベスト展覧会」の対岸から
15/10/31 10:19
52:追悼・三上晴子(番外編) ― ごく私的、かつ批評的な企てとして
15/09/11 19:56
51:追悼・三上晴子 ― 彼女はメディア・アーティストだったか(5)
15/07/07 13:00
50:追悼・三上晴子 ― 彼女はメディア・アーティストだったか(4)