どこかで?ゲンビ ビデオアート編 飯川雄大 @鶴見分室101

《デコレータークラブー衝動とその周辺にあるものー》2016

休館中の活動拠点の1つ、鶴見分室101で11/2スタート!

広島市現代美術館は、休館中の活動拠点の1つとして京橋川沿いに建つアパートの1室に「鶴見分室101」を開設しました。コレクション上映の第3弾としてご紹介するのは飯川雄大。彼の代表的なシリーズである「デコレータークラブ」は、様々なものを殻に付けて擬態するカニにヒントを得た、鑑賞者の気づきや反応を誘うプロジェクトです。本展に出品される《デコレータークラブー衝動とその周辺にあるものー》(2016)は、一見するとそのカニをよく知る人物がその説明を行っているインタビューに見えますが、次第に違和感や気づきをもたらすことになります。それに加えて、サッカー試合中の控え選手の様子を捉えた《ネクストファイヤー》と合わせて紹介し、作家のユーモアと洞察に満ちた表現をご覧いただきます。

・作家在室
日時|2021年11月13日(土) 13:00~17:00
作家が在室し、作品や活動について解説します。
混雑時は入場人数、時間を制限させていただくことがあります。

 
飯川雄大(いいかわ・たけひろ)
1981年兵庫県生まれ、神戸市在住。2002年成安造形大学造形学部デザイン科 ビデオクラス 卒業。映像、写真、イラストレーションなど様々な分野で活動。主な作品として、日常の断片や見過ごす風景を定点撮影した「時の演習用時計」(2006~)、サッカーの試合中ボールに触れることのないゴールキーパーを捉え続ける「ハイライトシーン」(2014 ~)、“衝動”を記録することで欠落する情報に着目する「デコレータークラブ」(2013 ~) がある。
 
—————————
どこかで?ゲンビ ビデオアート編 飯川雄大
会期|2021年11月2日(火)~13日(土)
開室時間|11:00~17:00
休室日|日・月・祝
会場|広島市現代美術館・鶴見分室101(広島市中区鶴見町9-11 第2三沢コーポ
※観覧無料
※新型コロナウイルス感染症の状況により会期等変更となる場合があります
—————————


休館中の活動は、ゲンビ休館中特設サイトで!

Copyrighted Image