台北ビエンナーレ2018

 

2018年11月17日、台北ビエンナーレ2018が台北市立美術館で開幕する。第11回展は、アーティスト兼キュレーターで台湾におけるソーシャリー・エンゲージド・アートの先駆的存在のウー・マーリー[呉瑪悧]と、ヴェネツィアのV-A-C財団アーティスティックディレクターのフランチェスコ・マナコルダによる共同キュレーション制を採る。

「ポスト・ネイチャー-生態系としての美術館」をテーマとする第11回展では、人間と自然との間に形成された複数の生態系の相互接続性に着目しつつ、持続可能性、コミュニティ主導、ボトムアップ型による相乗効果の新しい可能性を生み出す社会実験のためのプラットフォームを目指す。また、本展では同テーマを起点に、絶えず変化し続ける生態系の性質がアーティストやさまざまな実践に与える影響を考察していく。

 


Candice LIN La Charada China (2018) Installation. © Candice LIN. Photo: Candice LIN, at MADE IN L.A. 2018, HAMMER MUSEUM, L.A. Courtesy of the artist. Image provided by Taipei Fine Arts Museum


ZHENG Bo Pteridophilia 2 (2018) Single Channel Video, 4K Color Sound, 20mins. © ZHENG Bo. Courtesy of the artist. Image provided by Taipei Fine Arts Museum.

 

参加者リストには、先のドクメンタ14にも参加したクゥワイ・サムナンヴィヴィアン・ズーターといったアーティストのみならず、生態系の環境やその土地柄といったコミュニティにおける共通認識の再確認を通じて、都市再生に取り組むオープン・グリーン[打開緑生活]などのNGO団体、映画作家のホアン・シンヤオ[黃信堯]、日本でも『歩道橋の魔術師』、『自転車泥棒』が翻訳出版されている小説家のウー・ミンイー[呉明益]、また、アクティヴィスト、ドキュメンタリー作家、建築家らの名が記されている。

なお、台北市内では、国立台湾美術館で台湾ビエンナーレ2018、鳳甲美術館で台湾国際映像芸術祭2018、国立台北芸術大学内の關渡美術館で關渡ビエンナーレ2018を開催している。

 

台北ビエンナーレ2018
「Post-Nature—A Museum as an Ecosystem」

2018年11月17日(土)-2019年3月10日(日)
https://www.taipeibiennial.org/
会場:台北市立美術館
キュレーター:ウー・マーリー[呉瑪悧]、フランチェスコ・マナコルダ

 


KHVAY Samnang Rubber Man (2014-2015) Digital Still from There-Channel Video Installation, Color, Sound, 4mins Looped. Coproducers by Jeu de Paume, CAPA, FNAGP. © KHVAY Samnang. Courtesy of the artist. Image provided by Taipei Fine Arts Museum.


WU Ming-Yi How the Brain got Language? (2018) © WU Ming-Yi. Courtesy of the artist. Image provided by Taipei Fine Arts Museum.

 

参加アーティストリスト
ルアンサック・アヌワトウィモン|Ruangsak Anuwatwimon
マーサ・アテンザ|Martha Atienza
アウ・ショウイー[區秀詒]|Au Sow-Yee
ウルスラ・ビーマン|Ursula Biemann
アレクセイ・ブルダコフ|Alexey Buldakov
チャン・ファイウェン[張懷文]+MAS|Huai-Wen Chang + MAS Micro Architecture Studio
チャン・ティントン[張碩尹]|Ting-Tong Chang
チャオ・ルイクアン[晁瑞光]+台南社区大学|Jui-Kuang Chao +Tainan Community University
ジュリアン・チャリア|Julian Charrière
チェン・チューイン[陳珠櫻]+ソーラー・インセクツ・ヴィヴァリウム・ワークショップ|Chen Chu-Yin + Solar Insects Vivarium Workshop
ルーシー・デイヴィス|Lucy Davis
ET@T|ET@T
ライラ・チンフイ・ファン[范欽慧]|Laila Chin-Hui Fan
フューチャー・ファーマー|Futurefarmers
トゥーウ・グリーンフォート|Tue Greenfort
インゴ・ギュンター|Ingo Günther
ヘンリク・ハカンソン|Henrik Håkansson
ヘレン・マイヤー・ハリソン&ニュートン・ハリソン|Helen Mayer Harrison & Newton Harrison
ジェフリー・ホウ[侯志仁]&ドロシー・タン[鄧信惠]|Jeffrey Hou & Dorothy Tang
シャオ・シェンチェン[蕭聖健]|Hsiao Sheng-Chien
ホアン・シンヤオ[黃信堯]|Huang Hsin-Yao
原轉小教室|Indigenous Transitional Justice Class, Taiwan
クー・ジンユエン[柯金源]|Ke Chin-Yuan + “Our Island”
クゥワイ・サムナン|Khavay Samnang
黒潮海洋文教基金会|Kuroshio Ocean Education Foundation
キャンディス・リン|Candice Lin
ヅォ・リン[林芝宇]|Zo LIN—Weed Day
デュエイン・リンクレイター|Duane Linklater
ニコラス・マンガン|Nicholas Mangan
ジュマナ・マンナ|Jumana Manna
ミュージアム・オブ・ノンヒューマニティ|Museum of Nonhumanity
マイセリアム・ネットワーク・ソサエティ|Mycelium Network Society
オープン・グリーン|Open Green
アラン・セクーラ|Allan Sekula
レイチェル・サスマン|Rachel Sussman
ヴィヴィアン・ズーター|Vivian Suter
基隆河守護連盟|Keelong River Watch Union
台湾千里歩道協会|The Thousand Miles Trail Association
ウー・ミンイー[呉明益]|Wu Ming-Yi
ロバート・ザオ・レンフイ|Robert Zhao Renhui
ジェン・ボー[鄭波]|Zheng Bo

 

 

 


 

台湾ビエンナーレ2018
「Wild Rhizome」

2018年9月22日(土)-2019年2月10日(日)
https://www.ntmofa.gov.tw/
国立台湾美術館
キュレーター:ゴン・ジョジュン[龔卓軍]、チョウ・ユーリン[周郁齡]

 

台湾国際映像芸術祭2018
「Offline Browser」

2018年10月20日(土)-2019年1月13日(日)
https://www.hong-gah.org.tw/
展覧会URL:http://twvideoart.org/tiva_18/
鳳甲美術館
キュレーター:シュウ・ジャーウェイ[許家維]、シュウ・フォンレイ[許峰瑞]

 

關渡ビエンナーレ2018
「Seven Questions for Asia」

2018年10月5日(金)-2019年1月6日(日)
http://www.kdmofa.tnua.edu.tw/
展覧会URL:https://www.2018kuandubiennale.org/
關渡美術館
ディレクター:リン・ホンジョン[林宏璋]
キュレーター:アリ・アカイ、バラ・スタール、ヘンク・スラガー、ヤン・カイリン[楊凱琳]、パン・ルー[潘律]、サンディ・ルオ・シュイチー[羅秀芝]、ウテ・メタ・バウアー

Copyrighted Image