阿部展也―あくなき越境者


《花子》1949 富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館蔵

アベノブヤとは何者か…?

戦前から戦後にかけて活躍した画家、阿部展也(あべ・のぶや 1913-1971)は、瀧口修造との詩画集『妖精の距離』(1937)で注目を集め、前衛写真の運動でも異才を発揮しました。戦後はシュルレアリスムからアンフォルメル、幾何学的抽象へと目まぐるしく画風の変転を遂げながら、海外の新しい美術動向の紹介も手がけるなど、一画家としての領分にとどまらない国際的視野に立つ先鋭的な活動を展開します。本展ではこの多才な作家の全貌に迫ります。

展覧会特設サイトでは、展覧会の構成に合わせ、章ごとに阿部展也の作品を紹介しています。関連の講演会や映画上映もあるので、ぜひチェックを。

▶特設サイトはこちら

——————————————-
会期:2018年3月23日(金)-5月20日(日)
開館時間:10:00-17:00 ※入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜(4/30除く)、5/1(火)
観覧料:一般1,030(820)円、大学生720(620)円、
高校生・65歳以上510(410)円、中学生以下無料
※( )内は前売り及び30名以上の団体料金
※ 5月5日(こどもの日)は高校生以下無料
——————————————-


『フォトタイムス』掲載作品 《夜の目》1939


《飢え》1949 神奈川県立近代美術館蔵


《作品》1968 浜松市美術館蔵

Copyrighted Image