no image

田尾創樹

ゲームの傍観者としての創作 取材・文:柳下朋子 ポートレート:井上嘉和 田尾創樹は、架空のエンタテインメント系プロダクション「おかめぷろ」の代表兼所属アーティストとして作品を発表している。「オカメハチモク」というバンドを組んだのがその起源で、現在は、実在のふたりの「社員」のほか、View More >

no image

宮永愛子

時間と記憶を刻み込んだ「一期一会」アート 取材・文:小崎哲哉 ポートレート:石川奈都子 白く、儚(はかな)く、日ならずして消えてゆく作品が多い。例えばナフタリンを用いたオブジェ。開幕日には完全な姿を見せていた半透明のドレスや靴や眼鏡は、展覧会が終わるころには原形を留めず、朽ちてしView More >

no image

米国発、現代アートドキュメンタリー上陸?

■Others マシュー・バーニー作品の日本における劇場展開などを手がけてきたトモ・スズキ・ジャパンが、アメリカの教育テレビ局PBS製作の現代美術ドキュメンタリー『art:21』シリーズの日本での上映、配給展開を計画中。 世代も作風もバラエティに富んだ現役スターアーティストたちへView More >

no image

TKG代官山最後の展覧会

■Exhibition ファッション街ゆえにか、女優の蒼井優が雑誌撮影で来廊、ということもあったとか。 TKG 代官山では現在、若手陶芸家・青木良太の新作展を開催中だが、同展がこのスペースの最後の展覧会となる模様だ。2007年9月にオープンしたTKG 代官山は、西沢立衛デザインにView More >

no image

印度現在 

7.10 – 8.30 上海当代芸術館 Riyas Komu Takeaway (detail) 2009 Courtesy the artist 今日のグローバル化社会における現代美術の文脈において、インドらしさを構成する要素は何かを追究する。国際的に評価される21View More >

no image

ピピロッティ・リスト

からからの心にひとしずくのユーモアを 取材・文:児島やよい ポートレート:永禮賢 「これ、インスタントダイヤモンドと呼んでいるの。何も書かれてないプラスチックのパッケージをコレクションしているのよ。もう役に立たないものだけど、ライトが当たるときだけキラッと光るの」 インスタレーシView More >

no image

Juan Alcazaren

7.8 – 8.3 Mag:net Gallery, Ayala Avenue (マニラ) 画家であり彫刻家でありアニメーターとしての顔も持つアーティスト。近年は専ら平面作品に専念していたが、2000年にフィリピン・カルチャーセンターの13アーティストアワードを受賞しView More >

Copyrighted Image