no image

ジョシュ・スミス:Paintings

9月5日(土)〜10月3日(土) ヒロミヨシイ(東京) ニューヨーク在住作家の、同ギャラリーでは2回目の展覧会。自らの名前を大書きした平面作品群は、自画像の歴史(果てはグラフィティ的表現まで?)への言及や、現代社会における個のありようへの問いを感じさせる。一方で彼は、こうした方法View More >

no image

河井美咲:Homeland 2020

8.29 – 10.3 Take Ninagawa (東京) チャーミングなのにマッド感漂う、またはヘタウマ的なのに繊細さも感じさせる、あるいは少女的なのにマッチョ志向(?)も垣間見える……。そんな不可思議な世界観が、今回はギャラリー空間全体を埋めるミニチュア遊園地のView More >

no image

ルイーザ・ビュファルデチ&伊藤存

7.28 – 10.25 シドニー現代美術館 左:ルイーザ・ビュファルデチ「Team Joy」2004年、インスタレーション 右:伊藤存「近所の果て」2000年、布に刺繍 地元オーストラリア出身の作家と、外国人作家とを並置して紹介する企画の第4回目。ビュファルデチが東京都現代美術View More >

no image

第4回福岡アジア美術トリエンナーレ2009

9.5 – 11.23 福岡アジア美術館 アンキ・プルバンドノ 「空腹でいこう」 2009年 美術館が10周年を迎える本年は、「共再生――明日をつくるために」のテーマのもとに、アジアの21の国と地域から40作家(組)が参加。過去10年間に国際舞台で活躍した作家10人ほどと、200View More >

no image

The View from Elsewhere

7.25 – 11.15 ギャラリー・オブ・モダン・アート(ブリスベン) Almagul Menlibayeva「ジハード」2004年 © Almagul Menlibayeva 写真提供:作家、ギャラリー・ダヴィデ・ガロ(ベルリン) ビデオ作品の展示「The small actView More >

Copyrighted Image