no image

起点としての80年代

1970年代のコンセプチュアルでストイックな表現に対する反動から、80年代の日本では絵画や彫刻の復権が唱えられ、好調な経済状況を背景として、色彩豊かで伸び伸びとした筆遣いの「ニュー・ペインティング」などが広まりました。しかし、90年以降の美術は、むしろ「おたく」など80年代のサブView More >

no image

ベルトラン・ラヴィエの展覧会「Medley」が開催中

エスパス ルイ・ヴィトン東京で4月19日(木)よりフランス人アーティスト、ベルトラン・ラヴィエの展覧会「Medley」が開催されている。この展覧会は、パリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンが所蔵する作品の中で、各国のエスパス ルイ・ヴィトン(ミュンヘン、ヴェネツィア、北京、東京)でView More >

no image

<審査結果発表!>ゲンビどこでも企画公募2018

\ 審査結果発表!/ 「ゲンビどこでも企画公募」は、広島市現代美術館の無料パブリックスペースを開放し、作品を募り、展示・公開する公募展です。 今回も国内外より沢山のご応募をいただき、特別審査員と広島市現代美術館による審査の結果、入選7作品を決定!特設ウェブサイトでは、入選作品と特View More >

no image

第11回ヒロシマ賞受賞者がアルフレド・ジャーに決定しました

アルフレド・ジャー   ヒロシマ賞は、美術の分野で人類の平和に貢献した作家の業績を顕彰し、世界の恒久平和を希求する「ヒロシマの心」を現代美術を通して広く世界へとアピールすることを目的として、広島市が1989年に創設したものです。 3年に1回授与されるこの賞は三宅一生、蔡View More >

no image

10月6日-1月14日「いのち・いのり─原六郎コレクション」展【ARC】

【前期】2018年10月6日[土]-11月21日[水] 【後期】11月23日[金・祝]-2019年1月14日[月・祝] 会場  ハラ ミュージアム アーク 特別展示室 觀海庵 原六郎コレクションの中から生命(いのち)への賛歌や生きることへの祈りを感じ取れる作品を選んでご紹介しますView More >

no image

ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代

皆さんは1980年代という時代に、どんな記憶やイメージをお持ちですか。 インターネットも携帯電話も普及していなかった不便で未成熟な時代?それとも好景気に沸き、日本人に自信と活力がみなぎっていた時代?そんな時代の現代美術をふり返るのが本展覧会です。 美術は時代を映し出す鏡のような存View More >

no image

音丸耕堂展 ―華麗なる彫漆世界

  「彫漆」とは、器物の表面に漆を幾重にも塗り重ねて層を作り、その上から模様を彫るもので、江戸時代末期の高松で活躍した讃岐漆芸の祖・玉楮象谷が中国の技法を研究し、讃岐漆芸の技法として確立しました。音丸耕堂(1898-1997)は、象谷、石井磬堂ら先人の優れた技術を継承すView More >

Copyrighted Image