ヘスス・ラファエル・ソト「PÉNÉTRABLE BBL BLEU」: アートトークのご案内 4月26日(金)

この度、ヘスス・ラファエル・ソトによる「Pénétrable BBL Bleu」展を開催中のエスパス ルイ・ヴィトン東京にて、4/26(金)に、神奈川県立近代美術館館長であり、「視覚の魔術師 ラファエル・ソト」展(1990年開催)にも携わられた水沢勉氏と世界的にご活躍の現代美術作家である大巻伸嗣氏をお招きし、特別なアートトークを開催いたします。お申込みいただいた方から抽選で30名様をご招待いたします。

ソトと大巻伸嗣。作品の一部に鑑賞者も取り込まれ鑑賞対象となりながら、視覚だけに限定されることのない共感覚の体験を可能にさせる作品。世代や文化圏を越えた表現のそれぞれの探求は、どのように交錯し、共振しているのか。是非この貴重な機会をお見逃しなく、皆様どうぞふるってご参加ください。

<イベント詳細>
日時:2019年4月26日(金)19:00〜20:00 (受付開始18:30)
会場:エスパス ルイ・ヴィトン東京
ゲスト:水沢 勉(神奈川県立近代美術館館長/美術史家)、大巻 伸嗣(現代美術作家)

*入場無料
*トークは日本語で行われます。トーク中の写真撮影等はご遠慮いただいております。
*展覧会は通常どおり開館(12:00〜20:00)しております。

<お申込み方法>
Eメールにてお申込みください。
*お申込みは1名様につき1回とさせていただきます。
*同じメールアドレスからのお申込みは1回に限らせていただきます。2名以上でお申込みご希望の方は、それぞれ別メールアドレスよりお申込みください。

– お申込み締切: 4月21日(日) 23:59
– お申込み先: espace_louis_vuitton.jp@louisvuitton.com
– 当選者のご連絡:当選者の方にのみ、4月22日(月)にメールでお知らせ致します。

お申込みのメールには以下をご記載ください。

1. メールタイトル:4月26日(金)イベント申込み
2. 氏名および読み仮名
3. 日中ご連絡可能なお電話番号
4. 本イベントを知ったきっかけ(例:会場、ウェブサイト、Eメール)

どうぞ宜しくお願いいたします。

————————————————————————

<ゲスト バイオグラフィー>


水沢 勉(みずさわ つとむ)

1952年、横浜市生まれ。神奈川県立近代美術館館長。
1976年、慶應義塾大学美学美術史学科卒業。1978年、慶應義塾大学大学院修士課程修了後、神奈川県立近代美術館学芸員として鎌倉館に勤務。2008年、横浜トリエンナーレ2008「タイムクレヴァス」の総合ディレクター。2011年より神奈川県立近代美術館館長。
専門は、ドイツ語圏の世紀末美術から近現代美術、日本の近現代美術とその国外との交流史など。

おもな企画展にホルスト・ヤンセン展(1982年)、萬鐵五郎展(1985年)、オットー・ディックス展(1988年)、李禹煥展(1993年)、退廃美術展とヒトラー(1995年)、モボ・モガ(1998年)、イスラエル美術の近代(2000年)、ヴィルヘルム・レームブルック展(2004年)、宮崎進 シベリアの声(2004年、サンパウロ)、パウラ・モダーゾーン=ベッカー展(2006年)、タイムクレヴァス(2008年、第3回横浜トリエンナーレ)、ホセイン・ゴルバ 時を彫る(2008年、宇部)、内藤礼 すべては水の中に動物が存在するように存在する(2009年)、Beyond展(2011年)、すべての僕が沸騰する 村山知義の宇宙(2011年)、藤牧義夫展(2011年)、若林奮 飛葉と振動展(2015年)、萬鐵五郎展(2017年)など
著作に『この終わりのときにも 世紀末美術と現代』(思潮社、1989年)、『点在する中心』(共著、春秋社、1995年)、『美術館は生まれ変わる』(共著、鹿島出版会、2000年、新版2008年)、『モダニズム/ナショナリズム』(共著、せりか書房、2003年)など。

美術史学会(会員)
美術評論家連盟(会員)
文化資源学会(会員)
三田文学会(会員)
大正イマジェリー学会(会員)

全国美術館会議 理事
美術館連絡協議会 理事
かながわ国際交流財団 理事

1951年開館の神奈川県立近代美術館の鎌倉館の閉館にあたり、半世紀以上の活動をどのようにアーカイブするかについてデジタル化も視野に入れて取り組んでいる。

————————————————————————

Credit : Picture by paul barbera / where they create

大巻伸嗣(おおまき しんじ)『ECHO』シリーズ、『Liminal Air』、『Memorial Rebirth』、『Flotage』など様々な手法で、「空間」「時間」「重力」「記憶」をキーワードに、“物質と空間・存在”をテーマとして制作活動を展開する。見ることのできないものを可視化し、体感させることで、新たな身体的知覚空間を作り出すことを試みる。
軽やかかつ大胆に空間を非日常的な世界に変容させ、鑑賞者の身体的な感覚を呼び覚ますダイナミックなインスタレーション作品を発表。
近年の、民家を使っての『家』シリーズ(いちはらアート×ミックス、越後妻有アートトリエンナーレ2015、足立区民家2016)では、積み重なった時間と記憶を、光を使って闇の空間の中に出現させるインスタレーションを展開している。
日本国内のみにとどまらず、世界中のギャラリー、美術館などで意欲的に作品を展開している。

略歴
1971 岐阜県生まれ
2016  東京藝術大学美術学部彫刻科教授

Solo Exhibitions
2018    「SUIKYO」日田市内/大分
2018    いわさきちひろ生誕100年「Life展 まなざしのゆくえ」ちひろ美術館/東京
2017   「Gravity and Grace」Mind Set Art Center/台北、台湾
2017   「Echoes-Infinity」Gallery by the Harbour/香港
2017   「YCC Temporary 大巻伸嗣」YCCヨコハマ創造都市センター/神奈川
2016   「Liminal」アートフロントギャラリー/東京
2016   「Echoes Infinity 永遠の記憶」多治見市モザイクタイルミュージアム/岐阜
2016  「くろい家」足立区千住/東京
2015   「Liminal Air Fluctuation – existence」Hermès セーヴル店/パリ(フランス)
2015  「Tectonics」Mind Set Art Center/台北(台湾)
2014   「DISAPPEARANCE AND FORMATION」The Drawing Room/シンガポール
2014   「世界のつくりかた」美濃加茂市民ミュージアム/岐阜県
2014   「agnes b. ART FACADE PROJECT」agnes b.青山/東京
2013   「大巻伸嗣:Liminal Air Space-Time」栗林公園/高松市、香川県
2013   「Tree of Life-Form」「Tree of Life-Substance」Reception center on Zhongshan, Mind Set Art Center/台湾
2013   「constellation – traces in memories -」アートフロントギャラリー/東京
2012   「MOMENT AND ETERNITY」Thrid Floor-Hermes/シンガポール
2012   「存在の証明」箱根彫刻の森美術館/神奈川県
※2011年以前は省略

Group Exhibitions
2019   「Now is the time」Wuzhen/中国
2019   「Art Fair Philippine」「10 days of Art」Manila/フィリピン
2018   「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」越後妻有地域/新潟
2018   「深みへ –日本の美意識を求めて-」ロスチャイルド館/パリ(フランス)
2018   「11Fountains」IJIst/オランダ(2018 European Capital of Culture)
2018   「道後オンセナート2018」道後温泉
2018   「Art Busan 2018」BEXCO/釜山(韓国)
2018   「Art Basel Hong Kong 2018」香港コンベンション・アンド・エキシビジョンセンター/香港
2017   「TOKYO数寄フェス2017」上野公園/東京
2017   「Hello City!」Daejeon Museum of Art/大田市(韓国)
2017   「アートで解明!空気の正体」川口市立アートギャラリー・アトリア/埼玉
2017   「インヴィジブル:二重螺旋のあいだ」シャンボール城/フランス
2016   「Greater Taipei Biennial of Contemporary Arts」国立台湾芸術大学/台北(台湾)
2016   「虹のキャラヴァンサライ あいちトリエンナーレ2016」愛知県美術館、損保ジャパン日本興亜名古屋ビル、穂の国とよはし芸術
劇場PLAT/愛知県
2016   「大地の芸術祭の里 越後妻有2016春」越後妻有地域 松代エリア/新潟県
2016   「The Road Not Taken Ch.2」Mind Set Art Center/台北(台湾)
2016   「Heavy Artillery」White Rabbit gallery/シドニー(オーストラリア)
2016   「第8回円空大賞展」岐阜県美術館/岐阜県
2015   「コレクション展1 あなたが物語と出会う場所」金沢21世紀美術館/石川県
2015   「シンプルなかたち:美はどこからくるのか」森美術館/東京
2015   「INTERPLAY」GALLERY6,MMCA SEOUL/韓国
2014   「TARO賞の作家Ⅱ展」川崎市岡本太郎美術館/神奈川県
2014   「中房総国際芸術祭いちはらアート×みっくす」/千葉県
2014   「Lights in Snowland」越後妻有里山現代美術館[キナーレ]/新潟県
2013   「NOW,JAPAN」Kunsthal KAdE Amersfoort/オランダ
2013   「“力”、美はどこにあるのか」SoMA美術館/ソウル(韓国)
2013   「flowers」十和田市現代美術館/青森県
2013   「The Sovereign Asian Art Prize Finalist Exhibition」Espace Louis Vuitton Singapore/シンガポール
2013    ART STAGE SINGAPORE2013 PROJECT STAGE/シンガポール
2012 「Art Garden」Singapore Art Museum/シンガポール
※他多数, 2011年以前は省略

Performance
2019  「横浜ダンスコレクション2019 “Futuristic Space”」横浜赤レンガ倉庫1号館/神奈川県
2016   Louis Vuitton 2016-17 PARIS MEN’S COLLECTION
※ 2015年以前は省略

Memorial Rebirth
2018   「Memorial Rebirth 千住 2018 西新井」西新井第二小学校/東京
2017   「Memorial Rebirth 千住 2017 関谷」関谷公園/東京
2017   「Memorial Rebirth」Harbour City/香港
2016  「Memorial Rebirth山田町」山田町/岩手県
2015  「Memorial Rebirth 千住 2015 足立市場」アートアクセスあだち/東京
2015  「Memorial Rebirth」気仙沼市立中井小学校/宮城県
※他多数, 2014年以前は省略

Copyrighted Image