高松市塩江美術館企画展 「岩とイワ」展

 

 

 

本展は、及川みのる(香川県在住)と上樂博之(神奈川県在住)による二人展です。

及川は、2012年に茨城県から香川県に移住、陶土による陶彫作品を制作しています。及川は、制作活動途中で人間の力では自然に抗えないことに気づき自然の偉大さ、厳しさを知ります。自然を受け入れた及川は、人間の原点へと戻り、自然と共生する制作活動をしています。

上樂は、自然への畏敬の念を抱いて、自然を被写体に対峙しています。撮影には、雄大な自然の中に自分自身の身を置き、そこに確かに存在している古層の光を肌で感じ、撮影をしています。

この二人によるインスタレーション作品をご紹介します。

本展を通して作家たちは、私たちがこれから迎える未来が明るいものであるように、鑑賞者から思わず笑顔がこぼれ、明日への希望を繋げることができるものとすることを願っています。

展覧会基本情報

会期:
2020年9月29日(火曜日)~2020年11月8日(日曜日)

会場:
高松市塩江美術館 企画展示室

休館日:
月曜日

開館時間:
9時~17時(入室は16時30分まで)

主催:
高松市塩江美術館

観覧料:
【一 般】300円(団体240円) ※常設展観覧料含む
【大学生】150円(団体 120円)
※高校生以下及び65歳以上の方、身体障害者手帳等お持ちの方は入場無料
新規ウインドウで開きます。高松市キャンパスメンバーズの学生は、学生証の提示で入場無料

お問い合わせ先
高松市塩江美術館(ホームページはこちら
電話:087-893-1800

 

Copyrighted Image