no image

〈イベント〉藤原帰一×森村泰昌『記念対談:20世紀を思考する』

藤原帰一×森村泰昌による特別対談 現在開催中の特別展『森村泰昌:なにものかへのレクイエム―戦場の頂上の芸術』の関連プログラムとして、特別ゲストと作家本人による記念対談を開催します。 『戦争を記憶する』(講談社、2001)などの著作で知られ、テレビのニュース番組等でも活躍している、View More >

no image

〈コレクション展〉肖像(ポートレイト):黙して語る

森村泰昌《肖像(双子)》1988-90 肖像=ポートレイトは何を語り、そこから私たちは何を受け取るのか このコレクション展では、「肖像(ポートレイト)」作品を取り上げ、「アノニマス(匿名の)」、「自画像」、「時代のアイコン」、「扮すること」を手がかりに、「肖像」が、描かれた対象のView More >

no image

〈イベント〉「きのこアート研究所」展・関連プログラム

飯沢耕太郎による「キノコ狩るチャー講座」 好評開催中の「きのこアート研究所」展、本展覧会は架空の研究所の研究成果に見立て、様々な分野のキノコにまつわる作品を展示しています。そんなきのこアート研究所所長、飯沢耕太郎氏による講演会を開催します。写真評論家であり、近年はきのこ文化研究者View More >

no image

〈イベント〉森村泰昌展・関連プログラム「森村泰昌と行く 作品鑑賞ツアー」

「森村泰昌:なにものかへのレクイエム―戦場の頂上の芸術」オープン! 10月23日(土)、ついに「森村泰昌:なにものかへのレクイエム―戦場の頂上の芸術」がオープンしました。初日には、森村氏本人によるアーティストトークを行い、200名以上のギャラリーが詰め寄せる盛況ぶりを見せました。View More >

no image

ウィリアム・ケントリッジ 第26回京都賞 記念ワークショップ

2010年4月16日(金)ウィリアム・ケントリッジによるレクチャー/パフォーマンス(広島) 今年3月から5月にかけて当館で巡回個展『ウィリアム・ケントリッジ―歩きながら歴史を考える』を開催したウィリアム・ケントリッジ。稲盛財団による第26回京都賞の思想・芸術部門をケントリッジ氏がView More >

no image

〈特別展〉森村泰昌:なにものかへのレクイエム―戦場の頂上の芸術

映像作品《海の幸・戦場の頂上の旗》2010 より 20世紀とはどういう時代だったのか、森村泰昌による大規模な個展 美術家、森村泰昌は、80年代より一貫して自らの身体を媒介とし、別の人物に変身するセルフポートレイトを発表してきました。 本展で森村は、60~70年代の激動の時代を彩っView More >

no image

〈イベント〉森村泰昌自作解説+パフォーマンス【もうひとつのレクイエム】

本イベントは、ミュージアム・カレッジおよび、「森村泰昌:なにものかへのレクイエムー戦場の頂上の芸術」の関連イベントとして開催します。 森村泰昌は1980年代から一貫して自らの身体を媒介とし、別の人物に変身するセルフポートレイトを発表してきました。今回の展覧会では、「20世紀の男たView More >

no image

アクセス

主要都市からのアクセス <東京から> 新幹線で約4時間 Google Mapsをみる 飛行機で約1時間30分 Google Mapsをみる <大阪から> 新幹線で約1時間30分 Google Mapsをみる <名古屋から> 新幹線で約2時間15分 Google Mapsをみる <View More >

Copyrighted Image