【翻訳:自動 原文:日】

展覧会のお知らせ2

田中哲也 陶展
4月1日(水)~14日(火)
10:00~19:30(最終日は16:00まで)
松坂屋名古屋店 南館6階 アートプレース
http://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/
在廊予定日 5日(日)、11日(土)

是非お越し下さい!

2015年4月2日

【翻訳:自動 原文:日】

展覧会のお知らせ

田中哲也展 ‐輝器KAGAYAKI‐
3月21日(土)~4月13日(月)火曜日定休
10:00~17:00
滋賀県甲賀市信楽町長野1361-4
かまーとの森
TEL:0748-60-8539
MAIL:info@kama-to.jp
http://kama-to.jp/








2015年4月2日

【翻訳:自動 原文:日】

田中哲也□■展のおしらせ。

展覧会のご案内

展覧会名:田中哲也□■展
会期:12月5日(金)~11日(木)
時間:11:00~17:00(会期中無休)
会場:〒520-3402滋賀県甲賀市甲賀町小佐冶2908
   Roam Art Craft 三日月はうす
電話:090-1919-1875(三日月はうす 藤井)
   090-2065-1069(田中哲也)
田中哲也在廊予定 12月6日(土)11:00~17:00、7日(日)11:00~17:00、11日(木)13:00~17:00

□■展の□■は文字化けでもなくフリガナもありません。観て頂いたら、なんとなくそれぞれに分かって頂けるのではと思います。
昔ながらの民家(実は忍者屋敷)でのほっこりとした空間で、小作品且ファンクショナル・アート(器)を中心に展示します。
お近くにお越しの際、お暇な時にでもお立ち寄り下さい。









2014年12月5日

【翻訳:自動 原文:日】

BIWAKOビエンナーレ始まりました!

BIWAKOビエンナーレ始まりました!

輝器KAGAYAKI-Vessel of light 30×250×40cm
ミクスドメディア 信楽透土、ブルー蛍光管、アクリルボルト

近年、見えないものや、形のないものを盛る器をコンセプトに新しい表現を模索している。輝器とは、光を盛る器である。Vesselという単語には、器という意味と船という意味があり、作品のタイトルは両方を意味する。

Using Shigaraki clay, which produces translucent ceramics
after the firing process, I have produced vessels
filled with light. The fluorescent pigments burnt into the
interior parts of the vessels become illuminated under black
light. This piece of work symbolizes a critical point in
contemporary art and craft .





2014年9月14日

【翻訳:自動 原文:日】

輝器KAGAYAKI‐光碗

輝器KAGAYAKI-光碗Light bowl

この光碗は、下記ニューヨーク、東京、ニューデリーの展覧会で展示予定です。
お見逃しなく!

This Light bowl series will be exhibit on NY, TOKYO, New Delhi.
Don't miss it!

NY
15th Tokyo-New York Friendship Ceramic Competition Exhibition
Thursday, September 11 - Wednesday, September 17, 2014
The Nippon Gallery at The Nippon Club
Monday - Friday: 10am to 6pm
Saturday: 10am to 5pm Admission Free
145 West 57th Street New York, NY 10019
http://www.nipponclub.org/

TOKYO
朝の一服展 
会期: 2014年10月1日(水)~10月14日(火)
会場: 恵比寿三越 2F アトリウム
朝の一服 茶会
2014年10月11日(土)[調整中]
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/ebisu/index.html

New Delhi
International Ceramic Conclave Delhi-2014
Visual Arts Gallery, India Habitat Centre, Lodi Road, New Delhi-ll0003.
Dates 24th to 30th November 2014.
http://www.indiahabitat.org/










2014年9月14日

【翻訳:自動 原文:日】

掲載いただきました。

地元の情報誌に掲載いただきました。





2014年6月10日

【翻訳:自動 原文:日】

Gyeonggi International CERAMX Biennale 2013でレクチャーしてきました。

Gyeonggi International CERAMX Biennale 2013Academic Programs TALKS BY ARTISTS より最新Artist Statement

 20世紀美術は、アイデアが先行し頭で考え作品を作っていたと言えます。世紀末には、コンピューターの発達と共に、仮想現実という言葉が生まれました。ここでは、人間の脳と身体、或いは精神と肉体が切り離され、人間らしさというものが失われていったと思います。しかし陶芸と現代美術がミックスすることにより、人間性の回復が可能になるのでは、とかすかな期待を持っています。なぜなら我々は手で考えることを知っているからです。学生の頃からよく先生に「頭で考えるのではなく、土からのメッセージを聞き、手で考えなさい」と言われました。最近このことがどういう意味か分かってきたような気がします。手、指先で物を感じ、考え物を創る。卓越した手仕事によって作られた作品がその時代の現存(プレゼンス)を標す。このことにより少しでも世界が良くなることを望みます。

20세기 미술은 아이디어가 앞서거나 머리로 작품을 만들고 있었다고 생각합니다 세기말에는 컴퓨터의 발달과 함께 가상현실이라고 하는 말이 생겼습니다. 여기에서는 인간의 뇌와 신체 혹은 정신과 육체가 분리되어 인간다움이 상실되어 갔다고 생각합니다. 그러나 도예와 현대미술을 믹스하는 일 덕분에 인간성을 회복 할 수 있지 않을까 하는 희미한 기대를 가지고 있습니다. 왜냐하면 저희는 손으로부터 생각하는 것을 알고 있기 때문입니다. 학생 때부터 제 선생님께서는 「머리로 생각하지 말고, 흙의 메시지를 듣고, 손으로 생각해라」고 말씀하셨습니다. 최근 이 것이 무슨 뜻인지 알게된 것 같습니다. 손 끝으로 물건을 느끼고, 생각하고 작품을 만듭니다. 탁월한 손끝으로 만들어진 작품이 그 시대의 현재를 보여줍니다. 그 덕분에 조금이라도 세계가 나아지는 것을 기대합니다.

2013年10月5日 田中哲也

Gyeonggi International CERAMX Biennale 2013 Academic Programs TALKS BY ARTISTS より抜粋









2013年11月15日

【翻訳:自動 原文:日】

 第10回兵主大社紅葉ライトアップ

 第10回兵主大社紅葉ライトアップ

 国指定名勝の庭園をライトアップです。平安時代に作庭され、水の流れを利用して祭祀が行われたといわれており、現在では、苔と紅葉彩る美しい庭園となっています。
 今回は、紅葉が美しい約1万2千㎡をライトアップ。
池に映る紅葉や、楠は、抜群のロケーションです。

住所 〒520-2424 滋賀県野洲市五条566
電話番号 077-589-2072

2013年11月15日(金)、16日(土)、17日(日)、19日(火)、20日(水)、21日(木)、22日(金)、23日(土/祝)、24日(日) 17:45~21:00((入園は20:30まで))
 
このライトアップに伴い楼門前にて「輝器」を展示します。

また23日、24日 17:45~21:00には、兵主大社氏子参集殿にて、個展も行います。



 
2013年11月14日

【翻訳:自動 原文:日】

KOBEビエンナーレ2013出展作品 「輝器(KAGAYAKI)‐光の器」について

「輝器(KAGAYAKI)‐光の器」について
田中哲也

表現媒体
ミクスドメディア(信楽透土、蛍光材、ブラックライトLED、ブラックライト蛍光管、等)

コンセプト
私の作品は、コンテンポラリーアートであり、クラフトでもある。日々、その臨界点を提示できないだろうかと思っている。近年、見えないものや、形のないものを盛る器をコンセプトに新しい表現を模索している。2010年には、音を盛る器として響器-HIBIKIを制作した。今回、光を盛るための器というコンセプトで輝器-KAGAYAKIを制作した。
輝器(KAGAYAKI)‐光の器は、半透明の陶土で作られた光る器を制作した。器のフォルムは、壷、鉢、花器などのオーソドックス且つプレーンな形とし、実際に器として使用することもできる、しかし器には、何も入れず、照明を照らすことによりまた内部に光源を入れることにより、光のみを盛った。
陶器をコンテンポラリーアートの視点から制作しているが、それを成す技術は、ロクロ成形の伝統工芸の技術である。今回の展示では、新しいものと古いものが共存する神戸において、コンテンポラリーアートと伝統工芸の交差点、臨界点、或いはそれらの端境の焼失点を提示する。そして、今日までのアートとクラフトの枠組みや価値観を切り裂く作品となる。

アーティストステートメント
20世紀美術は、アイデアが先行し頭で考え、作品を作っていたと言える。世紀末には、コンピューターの発達と共に、仮想現実という言葉が生まれた。ここでは、人間の脳と身体、或いは精神と肉体が切り離され、人間らしさというものが失われていった。しかし伝統工芸とコンテンポラリーアートの臨界点を提示することで、人間性の回復が可能になるのでは、とかすかな期待を持っている。なぜなら我々工芸家は手で考えることを知っているからである。学生の頃から良く先生に「頭で考えるのではなく、土からのメッセージを聞き、手で考えなさい」と言われた。最近このことがどういう意味か分かってきたような気がする。手、指先で物を感じ、考え物を創る。卓越した手仕事によって作られた作品がその時代の現存(プレゼンス)を標す。このことにより少しでも世界が良くなることを望む。









2013年9月29日

【翻訳:自動 原文:日】

新聞掲載

陶業時報に掲載頂きました。

2012年10月20日

1 2 3 4 5 6 7 8 次ページ

プロフィール

ニックネーム
Tanaka Tetsuya

カレンダー

2017/09

8月 < > 10月

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

10/02/15 12:33
Tanaka Tetsuya
神様からのオファー!?
10/02/15 10:21
木村了子
神様からのオファー!?

最近のトラックバック

11月 14日 06:13   /  nike air max 90 pas cher
nike air max 90 pas cher
09月 06日 09:38   /  woolrich Bologna
woolrich Bologna
09月 06日 06:33   /  woolrich Outlet Bologna
woolrich Outlet Bologna
09月 02日 00:51   /  giuseppe zanotti sneakers
giuseppe zanotti sneakers
08月 22日 12:17   /  jordan 273
jordan 273
08月 02日 23:20   /  china
china
08月 01日 13:42   /  christian louboutin outlet sale
christian louboutin outlet sale
07月 18日 11:14   /  vintage mulberry bags
vintage mulberry bags
07月 16日 02:44   /  wow gold
wow gold
07月 13日 01:37   /  tory burch wallet sale
tory burch wallet sale

カテゴリー

ヒット数

  • 本日: 0 hits
  • 累計: 153 hits
  • ※過去30日の累計を
    表示いたします。

QRコード