adrianのブログ

チェックと日本の現代美術界についての感想

1000のギャラリー花

2009年9月25日


Despite the gloom of the economic depression, numerous young gallerists in Tokyo are braving the storm and opening a variety of new spaces showing works by new and upcoming young artists on the scene. I talked this week to one of this new breed, Ei Kibukawa who, with his wife and partner Eiko Iwasaka, opens tomorrow (Saturday 26th September) a lovely little gallery in Kagurazaka called eitoeiko (their icon is above). This is at the other end of the village from the famous industrial building that for years housed the Takahashi Collection, and is currently home to Yuka Sasahara. Eitoeiko is in a more residential area, on a hill that looks over rooftops to Ikebukuro and Shinjuku. (AUTOMATED JAPANESE TRANSLATION BELOW)

The gallery is opening in a house their family is building, alongside a neighbour’s house that will be a café. It promises to be an exquisite cultural oasis in this beautiful little residential pocket of Tokyo. Ei has been working for several years as a copywriter for a major art auction house, and has a quite acute analysis of commercial trends in the Asian market; Eiko is a successful jewellery designer. They are part of what is now a fourth generation of gallerists coming into the contemporary scene in Tokyo since the early 1990s. Simplifying a lot, if the likes of Ikeuchi, Shiraishi, Mizuma or Koyanagi were the first generation, and Koyama, Shugo Satani, or Hiromi Yoshii the second, the third would be the generation of younger, mainly women gallerists who first worked for the older male pioneers (Yamamoto Gendai, ArataniUrano, Mujinto Productions). The fourth are different in that they are now coming into art from a variety of other backgrounds in the creative industries, drawn in by the social vibrancy of the Tokyo art world, perhaps more than its economic viability.

101 Tokyo was one of the key inspirations for this, a valuable attempt led by foreigners and young Japanese with foreign commercial experience, that aimed at diversifying and shaking up the far too comfortable and inward looking Tokyo scene. 101 Tokyo struggles on, despite the rank attempts by the mainstream Tokyo Art Fair organization to snuff it out. After the excitement of the opening year in 2007, Tokyo Art Fair immediately try to steal the idea, copying the format, persuading Tokyo contemporaries who had strayed back to their fold, and even appropriating the Bacon Prize that had been set up by famous dealer/collector Johnnie Walker to launch the upstart art fair. This was a typically defensive and short sighted reaction from the men and women in suits. The vibrancy of the major art fairs in London or Basel in part depends on the buzz of smaller, satellite shows that are excluded from or cannot afford the main event. 101 Tokyo organizers have been much more aware of contemporary trends in the international art fair circuit, and prioritize innovative younger styles. Moreover, they did something Tokyo Art Fair has completely failed to do, and that was attract foreign gallerists to Tokyo. I for one hope that this young wolf will survive and flourish.

Ei too hopes that 101 Tokyo will again play host to his gallery in future: they opened eitoeiko for business there in 2008. They have also recently been in Seoul at the Top Asia Hotel Art Fair. There were not too many sales, but they were encouraged by how “hot” Japanese art seems to be among young Koreans, and also the new networks that they have established with artists and gallerists in Shanghai, Hong Kong, Seoul or Taipei. He knows that commercially to open a gallery now is a tough proposition. Still, it is their dream, and they and others like them are the people that really make the Tokyo art scene happen. Two other galleries are also opening locally, Oshima Fine Arts and Yuka Contemporary, the latter by a former assistant of ArataniUrano. Let a thousand galleries bloom. Ei is reflective: “Whether it is good or bad for the art scene in Tokyo I don’t know. Some collectors say it becomes much more difficult to go around the galleries. It’s like the big tree has broken down, and a mass of mushrooms grow up.”

The idea for the gallery was to focus on new young artists who share some indirect affinity with traditional materials, techniques or styles, while presenting very contemporary or pop themes. As a starter, they attracted one of the stars of MOT’s “No Border” show of neo-nihonga art in 2006, Yuki Yoshida. Other artists signed up include Nipporini (Takehiro Wada) and his Fellini-esque photo stories from Nishi Nippori, Masaru Aikawa’s populist renderings of famous LP covers, and the surreal doodling of ex-St Martin’s student, Dan Hards. There is real finesse and quality running through their artists, who all work on a small, pointillist scale. I visited the gallery which is just being finished in time for the opening, and caught glimpses of the installation for the upcoming show. Shintaro Hidaka’s city scape etchings manage to combine an antique look with a pop doodle feel, and I was struck by the delicacy of the face sculptures by Megumi Takasugi. They are also presenting one of the gallery’s English artists, part of their ongoing discovery of hidden affinities between underground art from London and the contemporary Tokyo scene. On a recent scouting trip to off-piste galleries in Hoxton and Hackney in the East End of London, they met and signed Alex Ball, a painter who executes small scale work with odd objects and figures that show more than a hint of traditional Japanese influences. The smallness throughout might be a commercial key in Japan where domestic art often has to be small to fit on people’s walls.

Eitoeiko show what you can do with a good eye and the enthusiasm to break new artists. Established gallerists will see the newcomers as competition. But what Tokyo contemporary scene needs is more not less diversity, more outlets for younger artists coming through. As Ei and Eiko show me around the beautiful building that combines cutting edge Japanese domestic architectural design with old brown wooden doors recycled from an Ibaraki farmhouse, they tell me how the plot was acquired in the immediate aftermath of the war by their grandfather, and how when you dig in the soil you can sometimes find pieces of crockery from the Edo period. Tokyo as always is a shaky place to construct anything, but this seems like good soil on which to build something new.

Eitoeiko gallery’s opening show, ‘Ever Bright Moonlight’, featuring works by Alex Ball, Megumi Takasugi and Shintaro Hidaka, opens Saturday 26th September. Vernissage, 1500-1700, followed by jazz performance on guitar by Junzo Iwami and Yayoi on vocals at 1900.

Eitoeiko, 32-2 Yaraicho, Shinjuku-ku, Tokyo 162-0805
http://eitoeiko.com

ADRIAN FAVELL
http://www.adrianfavell.com



経済の不況の暗闇にもかかわらず、多い東京で若いgalleristsは、嵐および新規および近く発表される若アーティストによって作品を現場で示している各種の新しいスペースを開くことに立ち向かっています。 私は、今週、新しいこれのうちの1つに、繁殖、明日(9月26日土曜日)、彼の妻とパートナーエイコイワサカと、eitoeikoと呼ばれるKagurazakaの美しい小さいギャラリーを開くEiキブカワを論じました(それらのアイコンは上にあります)。 これは有名な産業の建物から村の他の終わりにあり、タカハシコレクションを何年もの間収納し、一般に、ユカササハラに在宅です。 Eitoeikoは、池袋と新宿への屋根を点検する丘でより居住用のエリアにあります。

ギャラリーは、cafテゥであるneighbour窶冱家のそばで家でそれらの家族を開きます 築いている 。 それは、東京のこの美しい小さい居住用のポケットの絶妙な文化的なオアシスであると約束します。 主要なアート競売場のためのコピーライター、anと、Eiが数年働いています
dは、アジアの市場の商業用の傾向のまったく鋭い分析を持っています; エイコは、成功した宝石類デザイナーです。 それらは、現在、1990年代初期以来東京の同時代の場面に入るgalleristsの第四世代であるものの一部です。 もしイケウチ、シライシ、ミズマ、またはコヤナギの同類が、最初の世代、およびコヤマであったならば、たくさんを、秒〈, 3番目が、より若さ、主に最初より年上の男性パイオニアのために働いた女性galleristsの世代である の〉簡素化します シュウゴウサタニ、またはヒロミヨシイ (ヤマモトゲンダイ、ArataniUrano、Mujinto製品)。 たぶん、現在、彼らが、その経済の生存能力より多く、創造的な産業〈中で東京アート世界の社会的な振動により引かれた〉の各種の他の背景からアートに入るという点で4番目は違います。

101 東京は、これ、外国の商業用の経験を持つ外国人により導かれた貴重な試みおよび若い日本人のためのキーインスピレーションのうちの1つであり、それは、活動分野を広げることおよびずっとすぎる快適さを振り混ぜることをめざしました
可能であることと内政重視東京場面。 101 東京は、主流による繁茂した試み それを消す東京アートフェア組織 にもかかわらずonにおいて苦闘します。 2007年の開く年の興奮の後に フォーマットをコピーしてアイデアを盗む東京アートフェア即時の試み 後ろにそれらの折りたたみにはぐれた説得東京同時代人 、そして、成り上がりのアートをまともにスタートするために有名なディーラー/コレクタージョニーウォーカーによりセットアップされたベーコン捕獲物を充当することさえします。 これは、人からの一般に防御用で、短い見つけられた反応およびスーツの女性でした。 ロンドンの主要なアートフェアの振動またはある程度バーゼルは、うなり声 of に依存します より小さい, それから除外されるか、または主要なイベントについて持つ余裕がない衛星ショー 。 101 東京組織者は、国際的なアートフェア回路の同時代の傾向にずっと気づき、革新的なより若いスタイルに優先度を付けます。 さらに、それらは何かのために東京アートフェアをし することに完全に失敗した 、それは、引き付ける外国のgalleristsからTokまででした
yo。 この若いオオカミが生き残り、茂るという1つの希望のための私。

Eiも、また未来に101東京が彼のギャラリーにホスト遊ぶことを望みます: それらは2008年にビジネスのためにそこにeitoeikoを開きました。 それらは、最近トップアジアホテルアートフェアのソウルにもありました。 非常に多くの販売がなかったけれども、また、それらが促進された どのように窶徂ot窶 Japaneseアートが若い韓国人の間にあるようなおよび 新しいネットワーク that 彼らは、上海、香港、ソウル、または台北のアーティストとgalleristsによって設立しました。 彼は、現在、ギャラリーを開くことが商業的に難しい提案であると知っています。 それでも、それはそれらの夢であり、それらおよびそれらのような他は、東京アート・シーンを本当に起こらせる人々です。 また2つの他のギャラリーがローカルに開いていること大島美術とユカ同時代人、ArataniUranoの以前のアシスタントによる後者。 1000のギャラリーを咲かせてください。 Eiは反射性です: 私don窶冲は東京のアート・シーンのためにそれがよいか、または悪い窶弩hetherを知っています。 何人かのコレクターが、それがgのためにずっと難しくなると言います
ギャラリーのまわりのo。 大きい木のようなIt窶冱は失敗し、多量のキノコはup.窶 を育てます

ギャラリーのためのアイデアは、非常に現代のまたはポップなテーマを示す間ある間接的な類縁を、伝統的な素材、テクニック、またはスタイルと共有する新しい若いアーティストを中心に行うことでした。 スターターとして、それらは、2006年、ユキヨシダの時にネオnihongaアートのMOT窶冱 窶廸o Border窶 showの星のうちの1つを引き付けました。 他のアーティストは、ニシNippori、有名なLPカバーのマサルAikawa窶冱ポピュリスト表現、およびex-St Martin窶冱学生、ダン麻くずのシュールレアリスム的ないたずら書きからの包括Nipporini(タケヒロ大住宅)および彼のフェリーニ-esque写真物語の上でサインしました。 それらのアーティスト点描画家スケール who 小ささのすべての仕事 を走り抜けている本当の精妙さと品質があります。 私は、近く発表されるショーのためのインストールの開くおよびつかまれた一見に間に合ってちょうど終えられているギャラリーを訪問しました。 骨董品を結合するために都市景観エッチングが管理するシンタロウHidaka窶冱は、ポップないたずら書き感触によって見て、私はstrでした
面の繊細さによるuckはメグミタカスギによって彫ります。 それらは、gallery窶冱イギリスアーティストのうちの1人、ロンドンからの地下のアートと同時代の東京場面の間の隠された類縁のそれらの進行中の発見の一部も示します。 Hoxtonのピステから外れたギャラリーへの最近の偵察活動旅行およびロンドンのイースト・エンドのハクニーでは、彼らは、アレックスボール、伝統的な日本影響の複数のヒントを示す奇妙なオブジェクトを持つ小さいスケール仕事と数値を実行する画家と会い、サインしました。 小ささ にわたって しばしば、国内のアートが、people窶冱壁に納まるように小さくある必要がある日本の商業用のキーであるかもしれない 。

Eitoeikoショーもの 新しいアーティストを壊すために、よい目と熱狂によってすることができます。 設立されたgalleristsは、新来者を競争と考えます。 しかし、not 少ない相違 のより多くは、どんな東京同時代場面ニーズですか 通って来るより若いアーティストのより多くの出口 。 Eiとエイコが、私を、最先端日本ドームを結合する美しい建物に案内すると
イバラキ農家、それらからリサイクルされた古い茶色の木製のドアを持つsticなアーキテクチャ上のデザインは、どのように戦争の即時の余波においてプロットがそれらの祖父により取得されて、どのように 時々Edo期間から瀬戸物の断片を見つけることができる土を掘って埋める時 を私に示します。 東京 として いつも、何でも構成する不確実な場所である けれどもこれはよい土のように思われて、どれに新しい何かを築きますか。

Eitoeiko gallery窶冱を開くショー、窶櫓ver アレックスボール、メグミタカスギ、およびシンタロウヒダカによる快活Moonlight窶?を売り物としている作品は、9月26日土曜日を開きます。 一般公開に先立つ私的公開、1900でボーカルのジュンゾウイワミとヤヨイのためギターのジャズの演奏が続いている1500-1700。

Eitoeiko、32-2矢来町、新宿区、東京162-0805 http://eitoeiko.com

エイドリアンFAVELL
http://www.adrianfavell.com

みんなからのコメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL

cheap christian louboutin
A Thousand Galleries Bloom
投稿元 : cheap christian louboutin / 2013年05月17日22:07

プロフィール

adrian

カレンダー

2017/10

9月 < > 11月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のエントリー

17/02/26 20:29
Radicalism in the Wilderness
16/06/02 14:50
Kyun-Chome on a LTERNATE f UTURES
16/01/04 02:56
Sheep
15/02/07 23:39
Raiji Kuroda on aLTERNATE fUTURES
14/09/15 16:37
100 More Momoshimas
14/08/04 03:27
Islands For Life
14/07/03 04:18
aLTERNATE fUTURES...... My New Blog
14/01/26 11:24
Horses
13/12/09 02:00
Yukinori Yanagi
13/09/25 21:28
Theory of Tempelhof

最近のコメント

12/10/20 08:41
shotaro
10年代の終戦
12/09/25 15:05
Mario A / 亜 真里男
Documenta 13
12/02/18 22:13
eitoeiko
東京の10日 (1+2)
11/08/03 15:52
ozgaka
田中 敦子
11/03/19 19:48
天野あゆ子
曽根裕
10/09/15 11:07
Mario A / 亜 真里男
松井えり菜
10/08/24 16:26
Ginginho
六本木クロッシングレヴ...
10/07/19 22:29
Motus Fort
Roppongi Crossing 2010
10/05/19 12:43
Ginginho
Beat Kitano à Paris
10/05/06 23:25
Owl
Asada Crossing

ヒット数

  • 本日: 80 hits
  • 累計: 4461 hits
  • ※過去30日の累計を
    表示いたします。

QRコード