adrianのブログ

チェックと日本の現代美術界についての感想

昭和40年会 Düsseldorf

2011年5月20日


Live report of the J-Art event of the year! Aus Düsseldorf, Deutschland! Schön!



It is already day 4, but it has been such a blur, it all collapses into one. My German is notoriously bad, on top of my even more notoriously bad Japanese, so I am truly well placed to be the only living art writer in the Western World to record and capture this momentous occasion in Japanese art history.



The legendary SHOWA 40 NEN KAI all together again for one last great final performance (... hang on, no that was A-HA in Berlin, last week). Let's say, one first great exhibition in Europe, more like.


A-HA CIRCA 1984

I can't find any pictures of SHOWA 40 NEN KAI on the web. So you get Western rock bands instead.

The band arrives for the first group talk. Aida Makoto, centre forward, unshaven and professorly in his US military shirt, beer in hand. Arima Sumihisa, computer whizz, soundman, hair in a long frizzy pony tail. Matsukage, libero, lean and hard boiled punk rock look, wearing a blue Italia Lonsdale top. Oiwa Oscar, quiet and composed. Ozawa Tsuyoshi, inside right, in trainers, t-shirt and cool specs. Kinoshita Parco, in a tuxedo, a bit like an overgrown school boy. A few pre-match nerves. They look like a gang. Teenage boys, in fact. The table is already awash with empty Becks beer bottles.

It's a dark room. A screen for images. "Hi I'm Bin Laden", Aida's video. Al salaam al leekom. Inshallah. I don't understand Arabic either. I'll do my best. Gambarimas. With apologies to all concerned.

There is Gregor Jansen, visionary curator. Hitomi Hasegawa, the tireless manager keeping it all together. Two very brave Japanese translators into German. Gregor begins. "We Are Boys!". Over a year in the planning. Has known Ozawa for 12 years. Aida for 10. It's the 150 annversary of German-Japanese friendship. He thought about doing a Nara show. But who needs another Nara show? He met some of the SHOWA guys in Japan last year, also Mizuki Takahashi who put together the Joseph Beuys, "Eight Days in Japan" show. Beuys is the most famous artistic son of Düsseldorf. Beuys. Boys. ボ-イズ. "Vi Aar Boize". A-Ha.

This is SHOWA 40 NEN KAI. The group that is not a group. Why are they are group? They were all born in the year 1965, the 40th year of Showa.

Aida san, when were you born?

I was born in Showa 40 nen. Desu.

Arima san, when were you born?

I was born in Showa 40 nen. Desu.

Matsukage san, when were you born?

I was born in Showa 40 nen. Desu.

Oiwa san, when were you born?

I was born in Showa 40 nen. Desu. In Brazil.

Ozawa san, when were you born?

I was born in Showa 40 nen. Desu.

You get the idea. No style. No method. No guru. Gregor was born in 1965. Boku mo, says Kinoshita. Mami Kataoka (who wrote for the catalogue) was also born in 1965, so she is well qualified too.

Aida is first up. One of his Dog style paintings, about a girl with no legs. "I'm sorry," he says meekly. Then Harakiri schoolgirls. New York on fire. Something about u-kiyo-e and 9/11. War picture returns. Anselm Kiefer. His New York protest about language. "I hate English," he says (in English).

I ask Hitomi if she can get a photo of this great moment. The six together. But the room is a little dark.

Aida says there is a grand principle. Always provocative. Lustig. Ernst. He doesn't like "painting" much. Laughter is important. Monument for Nothing. He is always wondering why they do all that art in these big Western cathedrals. What is it for? Aida is simply hilarious. They ought to sack Beat Kitano and put him on TV.

Arima talks about his music. He joined the group in 1999. He was born in February (1965), so he is the oldest. Live performances and sound installations. Looks like he has some cool cds.

Matsukage speaks. I am not the boss. I am the leader. Der fuhrer. I love the sound of it. He says he found all the artists, put them all together as a kind of art work. Ein gesamtkunstwerk. He wants to make kitsch photos, or commercial photos, to the best possible quality.

Aida starts sucking on a smokeless cigarettes. There is a momentary concern that he is about to light up. But there is no flame.

Matsukage's Pony photo. He says that in Amsterdam, many people liked it. He thinks it is good for Germans too. His "Star" interactive system, where you sing for 300 screaming Japanese women. I tried this one out at Roppongi Hills. I lost. Hopeless, dame. There is going to be a performance of "Echo" with Arima doing live music/sound effects. I will write about it tomorrow.

Oiwa has been in New York nine years. He was ten years in Tokyo. He studied architecture before that. He works from 9 to 5.

Ozawa looks a little uncomfortable. They are all quite shy, except Matsukage. Parco is a bit sleepy. Gregor tells us that Ozawa is a multi-media concept artist, who uses humour and social themes. We see one of his vegetable weapons, a Japanese girl pointing it. There is a complicated story, before and after.

The first walk out! A tall German woman click clacks her way out noisily across the hall, and down the Kunsthalle steps.


LED ZEPPELIN CIRCA 1973

The latest vegetable weapon he made and cooked was in Fukushima, three weeks ago. There was some controversy. But he made it not far from the reactors, with some of the residents. Part of his community, relational art series. No-one has written about it yet (but I just did).

Ozawa shows a Nasubi gallery. It is the one by Miran Fukada. I have a special relationship with this piece (see my review of NEOTENY: http://www.art-it.asia/u/rhqiun/ihgLvPUZQz8wnMpBdSxj/). We see the Shoyu gallery, a history of Japanese art. The Xijing Men.

Kinoshita. Parco. He says he was the least confident as an artist. When he was 24, in 1989, he won a prize at the Parco supermarket in Shibuya. So he called himself: "Parco". He has made three paintings of tsunamis in the last year. It's like he foresaw the catastrophe. He talks about one of his manga. About a girl who thinks she is a man. Sometimes he likes to dress up and perform as an ordinary Japanese woman called Haruko. What would it be like to be a normal, ordinary Japanese woman and make a great international voyage? He is going to perform this in Venice on June 1st as a karoake on a gondala. He is always thinking about gender. Art is high culture, he says, but it's not for people like children or poor people. He wants to make art for them.

A grumpy old German art lover in the crowd shouts out: "Why are there no women in the group?".

Aida says Ozawa should answer that one. Matsukage says that there used to be female members, but they didn't want anyone to find out the year of their birth, so they left the group.

Gregor wants the boys to talk about Beuys. We are in Düsseldorf, after all. Aida says he is sceptical about Beuys. He can't say what he does. The history is now being written about Beuys meeting with Japan in the 1980s. But this is only after Beuys died. Therefore Beuys is not so interesting (I can't vouch for this, but this is what I think he was saying).

There is another walk out!

Matuskage says, we are not a group normally. We are not together so much. Aida says, "wir haben kein ism". We don't discuss so much, so there is no argument. Beuys lived for 40 years in Düsseldorf. They are only one week here. How can the show work?, asks Gregor. Aida doesn't know.

Matsukage wants to say something. He says, Kraftwerk is more important for me. Kraftwerk is what he thinks of, when he thinks of Düsseldorf (me too). His performance, "Echo" is based on "Spiegelsaal" (hall of mirrors), a track from Trans-Europ Express (1977). Later, over beers, he sings me some of his favourite tracts off Kraftwerk's Radioactivity. I go home and listen to it on my I-Pod.


KRAFTWERK CIRCA 1977

Aida says he has heard there are no art students in Düsseldorf. Not like in Berlin. Is there someone studying art the academy here?

One Japanese art student from Münster asks a question.

Aida puts his hand up like a schoolboy. He answers the question.

Someone asks the inevitable Murakami question. Aida starts to answer. He says for this question, only he and Kinoshita are relevant. Matsukage is impatient. There is no time for Murakami, he says. Ozawa says that Murakami's strategy is interesting, but not the pop culture content. Matsukage says, oh, but you and Aida always say this, you are Geidai guys!

Somebody asks another question about Beuys. In 1984 Beuys was in Japan. There are many writings about it. Interviews. Interviews, how were the interviews for SHOWA 40 NEN KAI?

Parco answers. He says that in 1984, there was lots of things in Japan. There was MTV. Michael Jackson. Madonna. CNN. They all came and made money. TV commercials. Beuys came as well. He didn't come for us. No one was imitating Beuys in Japan. They were imitating Warhol.

A German woman asks a woman's question. She says the group talks about its year of birth, and that they have no isms. She knows it is ironical, maybe, but she was surprised that with this title, "We Are Boys!", they were not being more militantly "male".

Parco smiles. Yes, he says he has a very manly father. But he was closer to his mother. We are all very "mother's boys" he says. That is the meaning.

It is time for a drink. For the after party we go to a traditional German beer hall and eat lots of pork.


MATSUKAGE SAN AND GREGOR JANSEN ENJOY A BEER


AIDA SAN AND OZAWA SAN GET STUCK IN TO A BIG PLATE OF PORK


THE BEATLES CIRCA 1965

The opening is tonight at 7pm, Central Deutschland Time.

ADRIAN FAVELL
http://www.adrianfavell.com

みんなからのコメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL

ティファニー マネークリップ
やあ。非常にクールなウェブサイト!マン..優秀な..驚くべき..私はあなたのウェブサイトをブックマークしてもフィードがかかります...私は、ポストにここにそんなに有用な情報を見つけるために満足しています。共有していただきありがとうございます..
投稿元 : ティファニー マネークリップ / 2013年06月06日15:59

コーチオードリー
この作品の全ての単語が非常にはっきりしているし、このトピックのためのあなたの情熱が輝いています。この分野での作業を続けてくださいと私は将来的にあなたからより多くのものを見たいと思っています。
投稿元 : コーチオードリー / 2013年06月06日15:59

エアジョーダン 3
他の素敵なポストをありがとう。どこで、誰が書いているような理想的なアプローチで情報のようなものを得ることができる?私は、プレゼンテーション、その後の週を持っている、と私はそのような情報を検索しに行きます。
投稿元 : エアジョーダン 3 / 2013年06月06日15:59

コーチクリスティン
後すぐにあなたのウェブサイト内のブログの記事の数だけを調べて、私は実際にあなたのブログの方法のように。私は私のブックマークのウェブサイトレコードにブックマークを付け、すぐに再度確認することができます。 Plsは私だけでなく私のウェブサイトを試してみて、あなたが信じているものを私を知っている許可します。
投稿元 : コーチクリスティン / 2013年06月06日15:59

エアジョーダン 4
他の素敵なポストをありがとう。どこで、誰が書いているような理想的なアプローチで情報のようなものを得ることができる?私は、プレゼンテーション、その後の週を持っている、と私はそのような情報を検索しに行きます。
投稿元 : エアジョーダン 4 / 2013年06月06日15:59

ティファニー 腕時計
やあ。非常にクールなウェブサイト!マン..優秀な..驚くべき..私はあなたのウェブサイトをブックマークしてもフィードがかかります...私は、ポストにここにそんなに有用な情報を見つけるために満足しています。共有していただきありがとうございます..
投稿元 : ティファニー 腕時計 / 2013年06月06日15:59

ティファニー ネックレス
他の素敵なポストをありがとう。どこで、誰が書いているような理想的なアプローチで情報のようなものを得ることができる?私は、プレゼンテーション、その後の週を持っている、と私はそのような情報を検索しに行きます。
投稿元 : ティファニー ネックレス / 2013年06月06日15:59

ジョーダン TC
他の素敵なポストをありがとう。どこで、誰が書いているような理想的なアプローチで情報のようなものを得ることができる?私は、プレゼンテーション、その後の週を持っている、と私はそのような情報を検索しに行きます。
投稿元 : ジョーダン TC / 2013年06月06日15:59

ティファニー リング
ブログスウィート!ヤフーニュースで閲覧している間、私はそれを見つけました。あなたはヤフーニュースに記載されている取得する方法上の任意のヒントを持っていますか?私はしばらくの間しようとしてきたが、私はそこに着くように見えることはありません!ありがとう
投稿元 : ティファニー リング / 2013年06月06日15:59

エアジョーダン 7レトロ
あなたのブログの記事の著者を探しているなら私に知らせてください。あなたはいくつかの本当に良い記事を持っていると私は良い資産になると思います。あなたがこれまで負荷オフのいくつかを利用したい場合は、私は本当に私のものに戻るリンクと交換にあなたのブログのためのいくつかの材料を書きたいと思います。興味があれば私に電子メールを撮影してください。ありがとうございました!
投稿元 : エアジョーダン 7レトロ / 2013年06月06日15:59

コーチ人気バッグ
あなたの刺激的なテキストのために信じられないほど大幅にありがとうございます。私は間違いなく、非常に長い時間を取得するために、メッセージのこれらのタイプを探してきました。ありがとう。
投稿元 : コーチ人気バッグ / 2013年06月06日15:59

コーチ財布
私はここでほとんどの人々と異なり、私は私が終わるまで、私はそれが私が探していたものだけではなかったにも関わらず、止めることができなかったこのブログの記事を見つけました、しかしまだ読んでよかったです。私は即座にすべての更新の連絡を取り合うために、あなたのブログのフィードを取得します。
投稿元 : コーチ財布 / 2013年06月06日15:59

ティファニー ネックレス
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : ティファニー ネックレス / 2013年06月06日15:59

エアジョーダン 12
私はここでほとんどの人々と異なり、私は私が終わるまで、私はそれが私が探していたものだけではなかったにも関わらず、止めることができなかったこのブログの記事を見つけました、しかしまだ読んでよかったです。私は即座にすべての更新の連絡を取り合うために、あなたのブログのフィードを取得します。
投稿元 : エアジョーダン 12 / 2013年06月06日15:59

エアジョーダン 9
他の素敵なポストをありがとう。どこで、誰が書いているような理想的なアプローチで情報のようなものを得ることができる?私は、プレゼンテーション、その後の週を持っている、と私はそのような情報を検索しに行きます。
投稿元 : エアジョーダン 9 / 2013年06月06日15:58

エアジョーダン 5
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : エアジョーダン 5 / 2013年06月06日15:58

ティファニー ペンダント
すげえねえ。 テーマの種類を使っていますか?私はそれがあまりにも私のブログで使用したい。
投稿元 : ティファニー ペンダント / 2013年06月06日15:58

コーチサングラス
これはblog.Reallyあなたに感謝素晴らしいものです!グレート。
投稿元 : コーチサングラス / 2013年06月06日15:58

コーチ シューズ
私は、非常に多くの情報を読んで、手に入れるために、ガタツキ素敵な状況を、このウェブブログが好きです。 "'は、それが来る前にすべてのアウトの日を着用することは価値Taint't。"サラオルヌエットによって。
投稿元 : コーチ シューズ / 2013年06月06日15:58

コーチ新作バッグ
の偉大な情報にこれを追加する。
投稿元 : コーチ新作バッグ / 2013年06月06日15:58

エアジョーダン 6
この作品の全ての単語が非常にはっきりしているし、このトピックのためのあなたの情熱が輝いています。この分野での作業を続けてくださいと私は将来的にあなたからより多くのものを見たいと思っています。
投稿元 : エアジョーダン 6 / 2013年06月06日15:58

ティファニー チャーム
初心者として、私はいつも私を助けることができる記事をオンラインで探しています。ありがとう
投稿元 : ティファニー チャーム / 2013年06月06日15:58

エアジョーダン 1
後すぐにあなたのウェブサイト内のブログの記事の数だけを調べて、私は実際にあなたのブログの方法のように。私は私のブックマークのウェブサイトレコードにブックマークを付け、すぐに再度確認することができます。 Plsは私だけでなく私のウェブサイトを試してみて、あなたが信じているものを私を知っている許可します。
投稿元 : エアジョーダン 1 / 2013年06月06日15:58

コーチポピー
すげえねえ。 テーマの種類を使っていますか?私はそれがあまりにも私のブログで使用したい。
投稿元 : コーチポピー / 2013年06月06日15:58

ティファニー バングル
後すぐにあなたのウェブサイト内のブログの記事の数だけを調べて、私は実際にあなたのブログの方法のように。私は私のブックマークのウェブサイトレコードにブックマークを付け、すぐに再度確認することができます。 Plsは私だけでなく私のウェブサイトを試してみて、あなたが信じているものを私を知っている許可します。
投稿元 : ティファニー バングル / 2013年06月06日15:58

ティファニー ブレスレット
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : ティファニー ブレスレット / 2013年06月06日15:57

エアジョーダン 11
後すぐにあなたのウェブサイト内のブログの記事の数だけを調べて、私は実際にあなたのブログの方法のように。私は私のブックマークのウェブサイトレコードにブックマークを付け、すぐに再度確認することができます。 Plsは私だけでなく私のウェブサイトを試してみて、あなたが信じているものを私を知っている許可します。
投稿元 : エアジョーダン 11 / 2013年06月06日15:57

ティファニー キーリング
こんにちは。とても素敵なサイト!ガイ..優秀な..素晴らしい..私はあなたのウェブサイトをブックマークしてもフィードがかかります...私はポストにここにそんなに有用な情報を見つけることができて嬉しいです。共有していただきありがとうございます。
投稿元 : ティファニー キーリング / 2013年06月06日15:57

コーチアウトレット
このウェブサイトには、本当にウォークスルーこれについて思ったのすべての情報のためであり、誰が頼むのか分からなかった。ここに垣間見る、とあなたは間違いなくそれを発見するでしょう。
投稿元 : コーチアウトレット / 2013年06月06日15:57

コーチバッグ
ブログスウィート!ヤフーニュースで閲覧している間、私はそれを見つけました。あなたはヤフーニュースに記載されている取得する方法上の任意のヒントを持っていますか?私はしばらくの間しようとしてきたが、私はそこに着くように見えることはありません!ありがとう
投稿元 : コーチバッグ / 2013年06月06日15:57

ティファニー ペアリング
やあ。非常にクールなウェブサイト!マン..優秀な..驚くべき..私はあなたのウェブサイトをブックマークしてもフィードがかかります...私は、ポストにここにそんなに有用な情報を見つけるために満足しています。共有していただきありがとうございます..
投稿元 : ティファニー ペアリング / 2013年06月06日15:57

ティファニー ピアス
これはblog.Reallyあなたに感謝素晴らしいものです!グレート。
投稿元 : ティファニー ピアス / 2013年06月06日15:57

ジョーダン Spizike
あなたの刺激的なテキストのために信じられないほど大幅にありがとうございます。私は間違いなく、非常に長い時間を取得するために、メッセージのこれらのタイプを探してきました。ありがとう。
投稿元 : ジョーダン Spizike / 2013年06月06日15:57

ティファニー 特集
後すぐにあなたのウェブサイト内のブログの記事の数だけを調べて、私は実際にあなたのブログの方法のように。私は私のブックマークのウェブサイトレコードにブックマークを付け、すぐに再度確認することができます。 Plsは私だけでなく私のウェブサイトを試してみて、あなたが信じているものを私を知っている許可します。
投稿元 : ティファニー 特集 / 2013年06月06日15:57

ティファニー カフス
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : ティファニー カフス / 2013年06月06日15:56

プロフィール

adrian

カレンダー

2017/11

10月 < > 12月

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のエントリー

17/02/26 20:29
Radicalism in the Wilderness
16/06/02 14:50
Kyun-Chome on a LTERNATE f UTURES
16/01/04 02:56
Sheep
15/02/07 23:39
Raiji Kuroda on aLTERNATE fUTURES
14/09/15 16:37
100 More Momoshimas
14/08/04 03:27
Islands For Life
14/07/03 04:18
aLTERNATE fUTURES...... My New Blog
14/01/26 11:24
Horses
13/12/09 02:00
Yukinori Yanagi
13/09/25 21:28
Theory of Tempelhof

最近のコメント

12/10/20 08:41
shotaro
10年代の終戦
12/09/25 15:05
Mario A / 亜 真里男
Documenta 13
12/02/18 22:13
eitoeiko
東京の10日 (1+2)
11/08/03 15:52
ozgaka
田中 敦子
11/03/19 19:48
天野あゆ子
曽根裕
10/09/15 11:07
Mario A / 亜 真里男
松井えり菜
10/08/24 16:26
Ginginho
六本木クロッシングレヴ...
10/07/19 22:29
Motus Fort
Roppongi Crossing 2010
10/05/19 12:43
Ginginho
Beat Kitano à Paris
10/05/06 23:25
Owl
Asada Crossing

ヒット数

  • 本日: 71 hits
  • 累計: 3994 hits
  • ※過去30日の累計を
    表示いたします。

QRコード