adrianのブログ

チェックと日本の現代美術界についての感想

Cool cities, creative economies, global hubs?

2009年9月7日


In my day job as an academic sociologist, I am very interested in the relation of culture to economy: that is, how far investment in the arts can help lead or revive the economic fortunes of big cities in the global economy. As I discussed in my review of the book Lucky Kunst a few weeks ago, it certainly did London no harm in the 1990s, with the YBAs being one part of the London boom caused by “cool Britannia”. This chap, Shintaro Ishihara, is also interested in culture and economy, at least in so far as supporting the arts or sports – we will know if the Olympics is coming to Tokyo on October 2nd – might help spark a new development boom in the city. Yusaku Imamura, Director of Tokyo Wonder Site, has already been nominated to lead a special arts committee to explore possibilities. So will Tokyo get the Olympics? And if it does, will there be benefits for the creative communities of Tokyo, alongside the inevitable orgy of destruction and rebuilding?

I will discuss the London/Tokyo “creative city” parallels in talk at 630pm this Wednesday at the German Institute for Japanese Studies (DIJ) near Nagatacho, Tokyo. The well known “Neo-japonisme” blogger, W.David Marx will join me as a discussant, and it should be a good debate. It is open to anyone, but first please send an email to the organiser, Barbara Holthus, if you would like to come along.

Details and the registration link can be found here:
http://www.dijtokyo.org/?page=event_detail.php&p_id=575

This is W.David Marx’s website, which covers fashion, music, arts, design and street culture in Tokyo and Japan:
http://www.neojaponisme.com

ADRIAN FAVELL
http://www.adrianfavell.com

みんなからのコメント

また、問題があり、 偽のディレクターが、問題を隠すことで試した議事日程の衝突 それらが 直ちに点火されて、つながりなしで石原王朝に誰かにそうさせる必要がある時には、友人は最近それらのプログラムのうちの1つに参加しました 引き継ぐ 。 そして、誰かがアート!を知っている必要があります。 それらは、日本の最もよい足を、前であることにしていません。

コメンター
Owl
2009/09/07 21:10
ウォーホル経済を読みましたか?
それは、恥辱 that 親友ユウサクイマムラ、東京不思議サイトのディレクター、および彼の妻持ち 完全に どんなアートがであるかの無暗示 です。 彼らは、あなた斜面がアートに何かを広告すると知っていますか? もしそれが鳴き声派生として出発するならば、それは突然より以上の意味を持ちません。 時間およびわずかな退屈により作品はいくらかの精査に開かれて、私達は、TWSの「選択」のほとんどが苦悶して死ぬのを見ます。 最近私が彼の顔に彼に話したように、"あなたはひどい仕事をしています。 独立なキュレーターを、精査のいくつかのレベルを通過し、それらに、版下をまとめるそれらのチャンスを持たせさせる必要があります。」 たぶん、より多くは、いくつかのギャラリーを求めて広告することを除いてそれで来ます。 アートに何かを広告できないので! 大宣伝にもかかわらず、それはであるか、または、それはアートではありません。」

コメンター
Owl
2009/09/07 21:07

プロフィール

adrian

カレンダー

2017/11

10月 < > 12月

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のエントリー

17/02/26 20:29
Radicalism in the Wilderness
16/06/02 14:50
Kyun-Chome on a LTERNATE f UTURES
16/01/04 02:56
Sheep
15/02/07 23:39
Raiji Kuroda on aLTERNATE fUTURES
14/09/15 16:37
100 More Momoshimas
14/08/04 03:27
Islands For Life
14/07/03 04:18
aLTERNATE fUTURES...... My New Blog
14/01/26 11:24
Horses
13/12/09 02:00
Yukinori Yanagi
13/09/25 21:28
Theory of Tempelhof

最近のコメント

12/10/20 08:41
shotaro
10年代の終戦
12/09/25 15:05
Mario A / 亜 真里男
Documenta 13
12/02/18 22:13
eitoeiko
東京の10日 (1+2)
11/08/03 15:52
ozgaka
田中 敦子
11/03/19 19:48
天野あゆ子
曽根裕
10/09/15 11:07
Mario A / 亜 真里男
松井えり菜
10/08/24 16:26
Ginginho
六本木クロッシングレヴ...
10/07/19 22:29
Motus Fort
Roppongi Crossing 2010
10/05/19 12:43
Ginginho
Beat Kitano à Paris
10/05/06 23:25
Owl
Asada Crossing

ヒット数

  • 本日: 123 hits
  • 累計: 4010 hits
  • ※過去30日の累計を
    表示いたします。

QRコード