adrianのブログ

チェックと日本の現代美術界についての感想

Koki Tanaka (PROFILE)

2010年10月20日


One of the current rising names in Japanese contemporary art making use of the government’s generosity in sending artists abroad is Koki Tanaka, the video and multi-media artist. Tanaka has been highly visible in Midori Matsui’s Micropop shows, solos at Aoyama/Meguro, as well as several international showings lately in China, Canada and France. He has for the last year been based in Los Angeles on a 3 year Bunka-cho grant, and has been using this opportunity to do interesting new work in the California context. I wrote about his participation in a show of Korean and Japanese artists organised by a Korean gallery One and J with the UCLA curator Gabriel Ritter in Laurel Canyon in April, and there is now recently opened a major solo show at the Yerba Buena Centre in San Francisco. Nothing Related, but Something Associated is running from Sept 25 to Nov 28.

I caught up with Tanaka in April. It was an especially sweet appointment for me, in that I was able to nominate my favourite local coffee shop from when I used to live in Echo Park, Los Angeles, as our meeting point. Chango, the coffee store is only just down the road and round the corner from where Tanaka has been living.

He has been renting an apartment from a UCLA faculty member, the artist Euan MacDonald, with a back yard close to Elyssian Park which has some of the most fabulous views over the downtown and the city. He is living there with his wife, who is a ceramics artist. They have set up a studio in the shack out back. As always, with his sharp eye for the everyday, Tanaka has used the park as part of his inspiration – people walking the dog, or runners sweating it out in the park.

Tanaka is a determinedly intellectual artist, whose often small and fragmented works almost tease the viewer with their sly understatedness. It is strongly conceptual work, that has no particularly Japoniste flavour, and is very well positioned to sit with the very best of contemporary global video work. I am particularly impressed by his phenomenological sensibility – something that appeals to an ethnographer trained to look at the tiny, insignificant things that happen in the banal flow of the everyday. The consistent selection of his work by younger curators in Japan and outside points towards a growing success. In a way, his relative isolation over the years from the centre of the Japanese art world, now means he can cut a path more easily of his own.

LA art has always been an influence. He mentions Paul McCarthy and Ed Ruschla, but the clearest LA connection is via Yutaka Sone, who has been resident in the sunshine noir megalopolis since the late 1990s, and is a long time supporter. This was initially a reason why Midori Matsui did not pay much attention to his work, wrongly seeing it only in terms of its relation to Sone and Tsuyoshi Ozawa. In 2004, only after Tanaka had had a breakthrough with a joint show with Makoto Aida at Mizuma and a show in Gunma, did she reconsider his work, and position it centrally as part of her Micropop philosophy. He now benefits from the strong support of the former Mizuma gallerist Hideki Aoyama.

Our conversation focuses as much on Tanaka’s parallel activities as a writer. He was a student from Zokei in the late 90s, which he describes as a vibrant time, before going on to become an art editor at Musachino University. He currently also has been writing a column for ART-iT, and is part of a curatorial discussion group concerned with changing the global presentation of Japanese curatorial art, which also includes the very thoughtful curators Mizuki Endo and Hajime Nariai. They meet regularly over food to discuss how Japanese contemporary art can be better presented nationally and internationally. Tanaka mentions the attention that Murakami was able to seize with his backing for the “Chaos Lounge” show that presented a number of younger generation outsider artists in their 20s who are trying to use anime techniques or new technology.

Like many of us, Tanaka wonders when Japanese contemporary art is going to be seen internationally in terms other than pop culture and childish kawaii aesthetics. Matsui’s shows have been a disappointment in this respect, as she has failed to break with her otaku tastes centred on Kaikai Kiki and Tomio Koyama artists, while combining her selections with artists such as Tanaka who suggest something very different theoretically. Micropop was in “two minds” and the incoherency showed. Matsui does not much listen to the artists, and uses them more as a channel for her own ideas. With such an intellectual artist as Tanaka, it would be better to let the artists speak for themselves.

We discussed some of the “lost” figures in Japanese contemporary from the 90s. Kodai Nakahara, for example, is often remembered as one of the brightest talents to emerge from the neo-pop movement, with both his artworks and writings. But he got disillusioned and stopped exhibiting about 1996, withdrawing back into his teaching activities at Kyoto City University of the Arts. Yet his influence has remained strong, with former students taught by him including now established talents such as Kohei Nawa and Teppei Kanneuji .

In other respects, the decision by an artist such as Tanaka to spend a lengthy period in the West points to the frustrations that emerging artists can feel in Japan once they arrive at a certain level. “Once you have done Roppongi Crossing or something like that, there is nowhere else to go,” Tanaka says. “After ten years in Tokyo, I felt really done with the place. There’s limited space for artists to develop.”

Space, light and time are one thing that Los Angeles offers plenty of. Tanaka is not alone in feeling new things can happen for him here – it is what led Yutaka Sone and his partner, the influential 90s writer Min Nishihara, to settle and use it as their base. I left Echo Park, but I still think of it as one of the coolest places to live on the planet. Not a bad place to be right now, then. And if Tanaka needs inspiration any time, he just needs to walk up to the rim of the canyon and take in the view.

Further reading:

My blog on the One and J show in Los Angeles:
http://www.art-it.asia/u/rhqiun/W16gGvEICyfs3cFLPa7l/

My blog about Yutaka Sone and Min Nishihara in Los Angeles:
http://www.art-it.asia/u/rhqiun/4PY926tRdDnazb3ITMWs/

ADRIAN FAVELL
http://www.adrianfavell.com

みんなからのコメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL

ティファニー ネックレス
このウェブサイトには、本当にウォークスルーこれについて思ったのすべての情報のためであり、誰が頼むのか分からなかった。ここに垣間見る、とあなたは間違いなくそれを発見するでしょう。
投稿元 : ティファニー ネックレス / 2013年06月06日18:13

ティファニー ペンダント
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : ティファニー ペンダント / 2013年06月06日18:13

ジョーダン Spizike
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : ジョーダン Spizike / 2013年06月06日18:13

エアジョーダン 6
あなたのブログの記事の著者を探しているなら私に知らせてください。あなたはいくつかの本当に良い記事を持っていると私は良い資産になると思います。あなたがこれまで負荷オフのいくつかを利用したい場合は、私は本当に私のものに戻るリンクと交換にあなたのブログのためのいくつかの材料を書きたいと思います。興味があれば私に電子メールを撮影してください。ありがとうございました!
投稿元 : エアジョーダン 6 / 2013年06月06日18:13

エアジョーダン 12
こんにちは。とても素敵なサイト!ガイ..優秀な..素晴らしい..私はあなたのウェブサイトをブックマークしてもフィードがかかります...私はポストにここにそんなに有用な情報を見つけることができて嬉しいです。共有していただきありがとうございます。
投稿元 : エアジョーダン 12 / 2013年06月06日18:13

コーチサングラス
すげえねえ。 テーマの種類を使っていますか?私はそれがあまりにも私のブログで使用したい。
投稿元 : コーチサングラス / 2013年06月06日18:13

エアジョーダン 11
このウェブサイトには、本当にウォークスルーこれについて思ったのすべての情報のためであり、誰が頼むのか分からなかった。ここに垣間見る、とあなたは間違いなくそれを発見するでしょう。
投稿元 : エアジョーダン 11 / 2013年06月06日18:13

ティファニー ネックレス
あなたのブログの記事の著者を探しているなら私に知らせてください。あなたはいくつかの本当に良い記事を持っていると私は良い資産になると思います。あなたがこれまで負荷オフのいくつかを利用したい場合は、私は本当に私のものに戻るリンクと交換にあなたのブログのためのいくつかの材料を書きたいと思います。興味があれば私に電子メールを撮影してください。ありがとうございました!
投稿元 : ティファニー ネックレス / 2013年06月06日18:13

ティファニー リング
私はここでほとんどの人々と異なり、私は私が終わるまで、私はそれが私が探していたものだけではなかったにも関わらず、止めることができなかったこのブログの記事を見つけました、しかしまだ読んでよかったです。私は即座にすべての更新の連絡を取り合うために、あなたのブログのフィードを取得します。
投稿元 : ティファニー リング / 2013年06月06日18:13

エアジョーダン 4
ブログスウィート!ヤフーニュースで閲覧している間、私はそれを見つけました。あなたはヤフーニュースに記載されている取得する方法上の任意のヒントを持っていますか?私はしばらくの間しようとしてきたが、私はそこに着くように見えることはありません!ありがとう
投稿元 : エアジョーダン 4 / 2013年06月06日18:13

ティファニー ブレスレット
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : ティファニー ブレスレット / 2013年06月06日18:13

コーチオードリー
後すぐにあなたのウェブサイト内のブログの記事の数だけを調べて、私は実際にあなたのブログの方法のように。私は私のブックマークのウェブサイトレコードにブックマークを付け、すぐに再度確認することができます。 Plsは私だけでなく私のウェブサイトを試してみて、あなたが信じているものを私を知っている許可します。
投稿元 : コーチオードリー / 2013年06月06日18:12

ティファニー 腕時計
すげえねえ。 テーマの種類を使っていますか?私はそれがあまりにも私のブログで使用したい。
投稿元 : ティファニー 腕時計 / 2013年06月06日18:12

ティファニー ピアス
すげえねえ。 テーマの種類を使っていますか?私はそれがあまりにも私のブログで使用したい。
投稿元 : ティファニー ピアス / 2013年06月06日18:12

ティファニー マネークリップ
あなたの刺激的なテキストのために信じられないほど大幅にありがとうございます。私は間違いなく、非常に長い時間を取得するために、メッセージのこれらのタイプを探してきました。ありがとう。
投稿元 : ティファニー マネークリップ / 2013年06月06日18:12

エアジョーダン 3
他の素敵なポストをありがとう。どこで、誰が書いているような理想的なアプローチで情報のようなものを得ることができる?私は、プレゼンテーション、その後の週を持っている、と私はそのような情報を検索しに行きます。
投稿元 : エアジョーダン 3 / 2013年06月06日18:12

ティファニー キーリング
この作品の全ての単語が非常にはっきりしているし、このトピックのためのあなたの情熱が輝いています。この分野での作業を続けてくださいと私は将来的にあなたからより多くのものを見たいと思っています。
投稿元 : ティファニー キーリング / 2013年06月06日18:12

ティファニー ペアリング
ブログスウィート!ヤフーニュースで閲覧している間、私はそれを見つけました。あなたはヤフーニュースに記載されている取得する方法上の任意のヒントを持っていますか?私はしばらくの間しようとしてきたが、私はそこに着くように見えることはありません!ありがとう
投稿元 : ティファニー ペアリング / 2013年06月06日18:12

コーチ シューズ
後すぐにあなたのウェブサイト内のブログの記事の数だけを調べて、私は実際にあなたのブログの方法のように。私は私のブックマークのウェブサイトレコードにブックマークを付け、すぐに再度確認することができます。 Plsは私だけでなく私のウェブサイトを試してみて、あなたが信じているものを私を知っている許可します。
投稿元 : コーチ シューズ / 2013年06月06日18:12

コーチ財布
この作品の全ての単語が非常にはっきりしているし、このトピックのためのあなたの情熱が輝いています。この分野での作業を続けてくださいと私は将来的にあなたからより多くのものを見たいと思っています。
投稿元 : コーチ財布 / 2013年06月06日18:12

エアジョーダン 1
このウェブサイトには、本当にウォークスルーこれについて思ったのすべての情報のためであり、誰が頼むのか分からなかった。ここに垣間見る、とあなたは間違いなくそれを発見するでしょう。
投稿元 : エアジョーダン 1 / 2013年06月06日18:12

エアジョーダン 7レトロ
後すぐにあなたのウェブサイト内のブログの記事の数だけを調べて、私は実際にあなたのブログの方法のように。私は私のブックマークのウェブサイトレコードにブックマークを付け、すぐに再度確認することができます。 Plsは私だけでなく私のウェブサイトを試してみて、あなたが信じているものを私を知っている許可します。
投稿元 : エアジョーダン 7レトロ / 2013年06月06日18:12

ティファニー カフス
あなたの刺激的なテキストのために信じられないほど大幅にありがとうございます。私は間違いなく、非常に長い時間を取得するために、メッセージのこれらのタイプを探してきました。ありがとう。
投稿元 : ティファニー カフス / 2013年06月06日18:12

エアジョーダン 9
すげえねえ。 テーマの種類を使っていますか?私はそれがあまりにも私のブログで使用したい。
投稿元 : エアジョーダン 9 / 2013年06月06日18:12

コーチポピー
あなたのブログの記事の著者を探しているなら私に知らせてください。あなたはいくつかの本当に良い記事を持っていると私は良い資産になると思います。あなたがこれまで負荷オフのいくつかを利用したい場合は、私は本当に私のものに戻るリンクと交換にあなたのブログのためのいくつかの材料を書きたいと思います。興味があれば私に電子メールを撮影してください。ありがとうございました!
投稿元 : コーチポピー / 2013年06月06日18:11

コーチアウトレット
こんにちは、私はあなたのブログが好きです。あなたは訪問者がいくつかの点で私の非常に自身で発行する必要がありますか?その場合は、電子メールによって私に通知したり、我々は、通知に在籍し、あなたが選択する必要があります理解しますので、おそらくこの種の意見に返信してください。
投稿元 : コーチアウトレット / 2013年06月06日18:11

コーチ新作バッグ
私はここでほとんどの人々と異なり、私は私が終わるまで、私はそれが私が探していたものだけではなかったにも関わらず、止めることができなかったこのブログの記事を見つけました、しかしまだ読んでよかったです。私は即座にすべての更新の連絡を取り合うために、あなたのブログのフィードを取得します。
投稿元 : コーチ新作バッグ / 2013年06月06日18:11

ティファニー チャーム
あなたの刺激的なテキストのために信じられないほど大幅にありがとうございます。私は間違いなく、非常に長い時間を取得するために、メッセージのこれらのタイプを探してきました。ありがとう。
投稿元 : ティファニー チャーム / 2013年06月06日18:11

ティファニー 特集
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : ティファニー 特集 / 2013年06月06日18:11

コーチバッグ
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : コーチバッグ / 2013年06月06日18:11

ティファニー バングル
私は、非常に多くの情報を読んで、手に入れるために、ガタツキ素敵な状況を、このウェブブログが好きです。 "'は、それが来る前にすべてのアウトの日を着用することは価値Taint't。"サラオルヌエットによって。
投稿元 : ティファニー バングル / 2013年06月06日18:11

エアジョーダン 5
この作品の全ての単語が非常にはっきりしているし、このトピックのためのあなたの情熱が輝いています。この分野での作業を続けてくださいと私は将来的にあなたからより多くのものを見たいと思っています。
投稿元 : エアジョーダン 5 / 2013年06月06日18:11

コーチクリスティン
このウェブサイトには、本当にウォークスルーこれについて思ったのすべての情報のためであり、誰が頼むのか分からなかった。ここに垣間見る、とあなたは間違いなくそれを発見するでしょう。
投稿元 : コーチクリスティン / 2013年06月06日18:11

コーチ人気バッグ
この作品の全ての単語が非常にはっきりしているし、このトピックのためのあなたの情熱が輝いています。この分野での作業を続けてくださいと私は将来的にあなたからより多くのものを見たいと思っています。
投稿元 : コーチ人気バッグ / 2013年06月06日18:11

ジョーダン TC
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : ジョーダン TC / 2013年06月06日18:11

プロフィール

adrian

カレンダー

2017/11

10月 < > 12月

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のエントリー

17/02/26 20:29
Radicalism in the Wilderness
16/06/02 14:50
Kyun-Chome on a LTERNATE f UTURES
16/01/04 02:56
Sheep
15/02/07 23:39
Raiji Kuroda on aLTERNATE fUTURES
14/09/15 16:37
100 More Momoshimas
14/08/04 03:27
Islands For Life
14/07/03 04:18
aLTERNATE fUTURES...... My New Blog
14/01/26 11:24
Horses
13/12/09 02:00
Yukinori Yanagi
13/09/25 21:28
Theory of Tempelhof

最近のコメント

12/10/20 08:41
shotaro
10年代の終戦
12/09/25 15:05
Mario A / 亜 真里男
Documenta 13
12/02/18 22:13
eitoeiko
東京の10日 (1+2)
11/08/03 15:52
ozgaka
田中 敦子
11/03/19 19:48
天野あゆ子
曽根裕
10/09/15 11:07
Mario A / 亜 真里男
松井えり菜
10/08/24 16:26
Ginginho
六本木クロッシングレヴ...
10/07/19 22:29
Motus Fort
Roppongi Crossing 2010
10/05/19 12:43
Ginginho
Beat Kitano à Paris
10/05/06 23:25
Owl
Asada Crossing

ヒット数

  • 本日: 77 hits
  • 累計: 4000 hits
  • ※過去30日の累計を
    表示いたします。

QRコード