adrianのブログ

チェックと日本の現代美術界についての感想

田口行弘

2011年6月17日


I thought Yukihiro Taguchi's current show at Mori Art Museum had been cancelled because of the Earthquake. So I was delighted to find out when I bumped into MAM curator Kenichi Kondo last week at the Mizuma opening nijikai for Satoru Aoyama, that, no, it was on and up. Kindly furnished with free tickets, I was then able to check out the show late one evening, sneaking in backwards so I didnt have to first go through the tedious French conceptualism exhibition in the main part of the museum (fairplay to MAM: it was nice to see some of the Duchamp original readymades, but I was here for Taguchi).

Anyway, I was very pleased to see my profile and predictions last summer for Taguchi's MAM debut to have been right on the money. This small show (and catalogue) is a great introduction to one of Japan's most interesting young artists. Go see, ASAP. At least before 28 August.

Nobody ready my blog first time round, so here it is again, with some photos from the show. どうぞお楽しみください。


YUKIHIRO TAGUCHI


PERFORMATIVE HILLS

My best tip for great things in 2011 has to be the Berlin based video/performance artist Yukihiro Taguchi, who is lined up as a future Mori Art Museum Project in April during Tokyo art week. Born in 1980, Taguchi has been living and working in Berlin since 2005, when he dropped out of the MA at Geidai because he says he wasn't learning anything. He got frustrated with having ideas, asking to do them, then being told he had to ask someone else, who then told him to ask someone else -- a vicious circle. Sounds familar? It is typical of the educational, financial and conceptual frustration that has driven so many young Japanese artists to find refuge in the open minded international art world of Berlin where, with a little effort (but a lot less than in Tokyo), young artists can find the spaces and resources to pursue radical, experimental art.

It is a good job someone back in Japan is paying attention to these artists, though. Mami Kataoka selected Taguchi for MAM and he has worked recently with Yuko Hasegawa, Fumihiko Sumitomo and Mizuki Takahashi. Meanwhile, gallerist Rika Fujiki at Mujinto Productions saw the commercial potential with his video art and its playful and attractive animation style.

You can get a good introduction to Taguchi's work from the commercially available, "Moment" video, which includes the "Performative Installation" (2007) and the "Performative Spazieren" (2008).


TAGUCHI SETS TO WORK DISMANTLING ANOTHER GALLERY

This "show" at a Berlin gallery is Taguchi "performing" the making of a film in stop-start animation in real time during the duration of his time in the gallery. We then see the video made afterwards as the document of what he did during these days as the artist in residence. In the first of these two works, he takes apart the white cube space, pulling up about two dozen planks from the floorboard, has them dance around the gallery in various ways and constructions -- including at one point facilitating a game of badminton among gallery visitors -- and ends with a bounenkai party sitting on the planks and then the boards being respectfully re-installed.

http://www.youtube.com/watch?v=khyCvR-K_rA

In the second, he takes the planks out for a walk around the Berlin streets, parks and even the metro, before returning in good humour back to where they came from.

As the planks spill out of the window into a precarious construction, or as they move around the gallery into another architectural form, the influence of his first teacher Tadashi Kawamata is obvious. The work is a kind of homage to his constructions, only with Taguchi they are constantly mobile and inventive physical forms, which seem almost to be celebrating their temporary freedom from the built form. At the same time, the possibilities of movement and the actual choreography is formally very restrictive.

It's a brilliant idea and spin on the idea of how to make a "performance" work in the static confines of a gallery "show". The animation ideas, meanwhile, will no doubt be stolen by Western ad agencies when they see it -- as they have, for example, shamelessly ripped off Akira Yamaguchi's graphic art or Naoki Honjo’s "Small Planet" photos of miniature city life. The intellectual property problem with this work is literally Rika Fujiki's biggest problem, because it is not quite clear how you sell this work. Is the artwork the finished video? Or was it the stop-start performance during the time of the show?


MOMENT AT MAM

This is precisely what is interesting here. Taguchi's performance is bound quite tightly by space and time, but it is constantly moving. Very little art actually moves in time, mostly we are always stuck watching screens or paintings on a wall. Performances meanwhile are simply evanescent moments, which are then frozen in time as documentation. But when the museum lights are turned off and the doors are locked, the museum becomes literally a morgue of still life. Taguchi thus poses interesting questions about what happens in the gallery when we are not looking. It helps that he also imposes a certain anonymity to the work, erasing himself from the process. This distinguishes Taguchi's own "drawing constraint" method formally from the rococo self-obsession of Matthew Barney. Formally, some of what he does seems closer to British conceptual star, Martin Creed -- but so many of Creed's works are just tedious one line conceptual gags for art theorists, and nothing to look at. You can bring your kids to look at Taguchi's animations.

This is also a clue to Taguchi's significance. As is well known, it has been almost impossible to think of Japanese contemporary art without thinking of anime. Of course, everyone loves Hayao Miyazaki, and rightly so. But it has licensed a confusion about the use of anime in contemporary art, most famously by Takashi Murakami, which actually confounds the two art forms -- as if it is enough for contemporary art's to simply appropriate anime art and put it in a gallery in order to put high art value on it. Yet when contemporary art is simply derivative of other forms' technological and aesthetic superiority, it becomes nothing but a pale imitation. Taguchi as a video artist shows how anime technology and ideas can be used to change the institutional space and content of the artwork itself.


I AM AN ARTIST, FOR THOSE THAT DON'T READ GERMAN

Taguchi lives as the epitome of the "survival artist" in Berlin. Not much income, just the occasional gallery or museum commission, or perhaps a short residency. He makes each of these solvent periods an actual artwork -- performing the residency by documenting the non-stop motion of his interaction with the space and the materials he finds in the building. But the constructed "art life" he lives outside these periods is also interesting.

He invites me to meet him at the famous Sunday flea market in East Berlin. A grumpy official shouts at me in the usual gruff Berlin style when I ask if they know where a young Japanese guy might be selling postcards among the sea of bargain stalls. It is a dumb question. So instead I follow my instincts and Taguchi's vague instructions to find an open space in the sun, nearby where they are selling ice cream. A few minutes walk around in the burning summer sunshine and I spot him, sitting on his one metre square rented patch, dressed in traditional Japanese work man clothes and head scarf, cross legged, goateed, big ironic smile. He is selling postcards, small litho works on handmade paper, with orientalist "mystic" images. There is a steady stream of curious customers to this ascetic performance in the sunshine. How much are the cards, they ask? Taguchi tells them they can pay what they like; what they think its worth. These are kindly Asianophile Germans, perhaps with a little classroom Japanese to share, and they routinely hand over 10 and 20 Euro notes for one or two of these postcards. Taguchi makes more than 100 Euros in a few hours in the sunshine. It's not art, but it is survival.


SOME OF TAGUCHI'S POSTCARDS, ONSALE AT MAM NOW!

Taguchi's home made postcards -- about as far from Kaikai Kiki and Nara corporate spin offs as you can imagine -- are, of course, not the point about his work in Berlin. To make sure there is no confusion, he invites me the next day to visit him at home to watch some videos and talk about his work over coffee and cakes. The house in an immigrant neighbourhood in North Berlin is a huge and cheap apartment he shares with about ten other multinational student / creative types -- I'm impressed by the remarkably tidy and organised kitchen conditions. Upstairs his room is a mass of junk, memorabilia, bottles, and works in progress.

We watch a series of videos, beginning from his quite amazing student work where he uses bits of wood to engineer a gravity defying construction in a small space in which he wedges himself into. It keeps collapsing, until he gets the balance right. Taguchi hit upon the idea of using stop-start video when he realised he wanted to document the process of creating a precarious structure, which might then collapse. Have an idea. Photo. Have another. Photo. Then the next. Photo. Each one leads to the next, there are only limited options, but always various options for a move. It visualises a kind of butterly effect, foregrounding time, motion, space and choice in the work. It starts and it moves, it goes somewhere not foreplanned, yet is always tightly constrained by the starting conditions.

The residency at North East Tokyo's Alpha M gallery, curated by Mizuki Takahashi, builds on "Moment" by using lights and all kinds of other found objects. He also shows me a number of other videos made during residencies -- one made in Brazil where he is running on a beach between two lovers who are communicating through him in Portuguese, another in Hong Kong, where we catch a series of Hollywood moments where he is running away from something in the city.

This was a side work for the main installation work in a museum, invited by Yuko Hasegawa. Filmed as a video, this becomes a kind of moving theater of the gallery, deconstructed into pieces while all the other installations, paintings and photography remain fixed all around him. It was perhaps this brilliant piece that led Kataoka to select him for MAM. Although the plans are still secret I get some glimpses of his ideas for this show, where he talks about deconstructing the room and the walls, have pieces of the museum literally moving around the 53 story building and out into the Roppongi Hills complex. Given how disappointingly little MAM uses the amazing space it has in creative ways, this all sounds quite amazing -- the only precedents I can think of are Kusama's art virus around the time of the opening, or the telescope and monster clock down in the city below by another former MAM Project artist Nishi Tatzu (perhaps Taguchi's closest peer).


MAKING PLANS FOR MAMI

Taguchi as ever, wants to put the show in motion, foreground what is usually architecturally static, and put the gallery itself into the show as a moveable piece. When he looks at paintings or even videos (which move but are still so static), Taguchi says his impulse is just to have everything moving on the wall, and then even the wall itself.

So much art nowadays is about going outside of the white cube or breaking its constraints. Taguchi though doesn't turn his back on the white cube, so much as literally seek to turn the white cube inside out. Everything in his art is relative, even time and space, no fixed points. It is indeed a kind of quantum art. Let's hope Mori let him do new things with the museum.


TAGUCHI PLAYS TABLE TENNIS WITH BITS OF MORI MUSEUM

See Yukihiro Taguchi's website:
http://yukihirotaguchi.com/

ADRIAN FAVELL
http://www.adrianfavell.com

みんなからのコメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL

ティファニー ブレスレット
後すぐにあなたのウェブサイト内のブログの記事の数だけを調べて、私は実際にあなたのブログの方法のように。私は私のブックマークのウェブサイトレコードにブックマークを付け、すぐに再度確認することができます。 Plsは私だけでなく私のウェブサイトを試してみて、あなたが信じているものを私を知っている許可します。
投稿元 : ティファニー ブレスレット / 2013年06月07日01:09

エアジョーダン 4
このような情報についての興味深い記事を見つける素晴らしいです。それは宝物を見つけるようなものだ。私はあなたのビューで多くのポイントと共有をどう表現する感謝しています。ありがとう。
投稿元 : エアジョーダン 4 / 2013年06月07日01:09

エアジョーダン 1
すげえねえ。 テーマの種類を使っていますか?私はそれがあまりにも私のブログで使用したい。
投稿元 : エアジョーダン 1 / 2013年06月07日01:09

ティファニー バングル
やあ。非常にクールなウェブサイト!マン..優秀な..驚くべき..私はあなたのウェブサイトをブックマークしてもフィードがかかります...私は、ポストにここにそんなに有用な情報を見つけるために満足しています。共有していただきありがとうございます..
投稿元 : ティファニー バングル / 2013年06月07日01:08

コーチ新作バッグ
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : コーチ新作バッグ / 2013年06月07日01:08

ティファニー ネックレス
このような情報についての興味深い記事を見つける素晴らしいです。それは宝物を見つけるようなものだ。私はあなたのビューで多くのポイントと共有をどう表現する感謝しています。ありがとう。
投稿元 : ティファニー ネックレス / 2013年06月07日01:08

コーチバッグ
後すぐにあなたのウェブサイト内のブログの記事の数だけを調べて、私は実際にあなたのブログの方法のように。私は私のブックマークのウェブサイトレコードにブックマークを付け、すぐに再度確認することができます。 Plsは私だけでなく私のウェブサイトを試してみて、あなたが信じているものを私を知っている許可します。
投稿元 : コーチバッグ / 2013年06月07日01:08

ティファニー カフス
あなたの刺激的なテキストのために信じられないほど大幅にありがとうございます。私は間違いなく、非常に長い時間を取得するために、メッセージのこれらのタイプを探してきました。ありがとう。
投稿元 : ティファニー カフス / 2013年06月07日01:08

コーチ人気バッグ
の偉大な情報にこれを追加する。
投稿元 : コーチ人気バッグ / 2013年06月07日01:08

ティファニー マネークリップ
私は、非常に多くの情報を読んで、手に入れるために、ガタツキ素敵な状況を、このウェブブログが好きです。 "'は、それが来る前にすべてのアウトの日を着用することは価値Taint't。"サラオルヌエットによって。
投稿元 : ティファニー マネークリップ / 2013年06月07日01:08

ティファニー 特集
これはblog.Reallyあなたに感謝素晴らしいものです!グレート。
投稿元 : ティファニー 特集 / 2013年06月07日01:08

ティファニー リング
こんにちは。とても素敵なサイト!ガイ..優秀な..素晴らしい..私はあなたのウェブサイトをブックマークしてもフィードがかかります...私はポストにここにそんなに有用な情報を見つけることができて嬉しいです。共有していただきありがとうございます。
投稿元 : ティファニー リング / 2013年06月07日01:08

エアジョーダン 12
私はここでほとんどの人々と異なり、私は私が終わるまで、私はそれが私が探していたものだけではなかったにも関わらず、止めることができなかったこのブログの記事を見つけました、しかしまだ読んでよかったです。私は即座にすべての更新の連絡を取り合うために、あなたのブログのフィードを取得します。
投稿元 : エアジョーダン 12 / 2013年06月07日01:08

コーチ財布
すげえねえ。 テーマの種類を使っていますか?私はそれがあまりにも私のブログで使用したい。
投稿元 : コーチ財布 / 2013年06月07日01:08

ティファニー キーリング
私は、非常に多くの情報を読んで、手に入れるために、ガタツキ素敵な状況を、このウェブブログが好きです。 "'は、それが来る前にすべてのアウトの日を着用することは価値Taint't。"サラオルヌエットによって。
投稿元 : ティファニー キーリング / 2013年06月07日01:07

コーチオードリー
あなたの刺激的なテキストのために信じられないほど大幅にありがとうございます。私は間違いなく、非常に長い時間を取得するために、メッセージのこれらのタイプを探してきました。ありがとう。
投稿元 : コーチオードリー / 2013年06月07日01:07

エアジョーダン 5
このような情報についての興味深い記事を見つける素晴らしいです。それは宝物を見つけるようなものだ。私はあなたのビューで多くのポイントと共有をどう表現する感謝しています。ありがとう。
投稿元 : エアジョーダン 5 / 2013年06月07日01:07

エアジョーダン 11
後すぐにあなたのウェブサイト内のブログの記事の数だけを調べて、私は実際にあなたのブログの方法のように。私は私のブックマークのウェブサイトレコードにブックマークを付け、すぐに再度確認することができます。 Plsは私だけでなく私のウェブサイトを試してみて、あなたが信じているものを私を知っている許可します。
投稿元 : エアジョーダン 11 / 2013年06月07日01:07

コーチサングラス
あなたのブログの記事の著者を探しているなら私に知らせてください。あなたはいくつかの本当に良い記事を持っていると私は良い資産になると思います。あなたがこれまで負荷オフのいくつかを利用したい場合は、私は本当に私のものに戻るリンクと交換にあなたのブログのためのいくつかの材料を書きたいと思います。興味があれば私に電子メールを撮影してください。ありがとうございました!
投稿元 : コーチサングラス / 2013年06月07日01:07

ティファニー 腕時計
あなたの刺激的なテキストのために信じられないほど大幅にありがとうございます。私は間違いなく、非常に長い時間を取得するために、メッセージのこれらのタイプを探してきました。ありがとう。
投稿元 : ティファニー 腕時計 / 2013年06月07日01:07

エアジョーダン 3
あなたのブログの記事の著者を探しているなら私に知らせてください。あなたはいくつかの本当に良い記事を持っていると私は良い資産になると思います。あなたがこれまで負荷オフのいくつかを利用したい場合は、私は本当に私のものに戻るリンクと交換にあなたのブログのためのいくつかの材料を書きたいと思います。興味があれば私に電子メールを撮影してください。ありがとうございました!
投稿元 : エアジョーダン 3 / 2013年06月07日01:07

ティファニー ペアリング
あなたの刺激的なテキストのために信じられないほど大幅にありがとうございます。私は間違いなく、非常に長い時間を取得するために、メッセージのこれらのタイプを探してきました。ありがとう。
投稿元 : ティファニー ペアリング / 2013年06月07日01:07

ティファニー ペンダント
の偉大な情報にこれを追加する。
投稿元 : ティファニー ペンダント / 2013年06月07日01:07

ティファニー ピアス
すげえねえ。 テーマの種類を使っていますか?私はそれがあまりにも私のブログで使用したい。
投稿元 : ティファニー ピアス / 2013年06月07日01:07

コーチアウトレット
こんにちは。とても素敵なサイト!ガイ..優秀な..素晴らしい..私はあなたのウェブサイトをブックマークしてもフィードがかかります...私はポストにここにそんなに有用な情報を見つけることができて嬉しいです。共有していただきありがとうございます。
投稿元 : コーチアウトレット / 2013年06月07日01:07

ティファニー チャーム
私は、非常に多くの情報を読んで、手に入れるために、ガタツキ素敵な状況を、このウェブブログが好きです。 "'は、それが来る前にすべてのアウトの日を着用することは価値Taint't。"サラオルヌエットによって。
投稿元 : ティファニー チャーム / 2013年06月07日01:06

コーチポピー
このウェブサイトには、本当にウォークスルーこれについて思ったのすべての情報のためであり、誰が頼むのか分からなかった。ここに垣間見る、とあなたは間違いなくそれを発見するでしょう。
投稿元 : コーチポピー / 2013年06月07日01:06

エアジョーダン 7レトロ
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : エアジョーダン 7レトロ / 2013年06月07日01:06

ジョーダン TC
他の素敵なポストをありがとう。どこで、誰が書いているような理想的なアプローチで情報のようなものを得ることができる?私は、プレゼンテーション、その後の週を持っている、と私はそのような情報を検索しに行きます。
投稿元 : ジョーダン TC / 2013年06月07日01:06

エアジョーダン 6
あなたの刺激的なテキストのために信じられないほど大幅にありがとうございます。私は間違いなく、非常に長い時間を取得するために、メッセージのこれらのタイプを探してきました。ありがとう。
投稿元 : エアジョーダン 6 / 2013年06月07日01:06

ジョーダン Spizike
私はあなたには、いくつかの非常に興味深い細部を指摘していると思うが、ポストをありがとう。
投稿元 : ジョーダン Spizike / 2013年06月07日01:06

コーチクリスティン
私は、非常に多くの情報を読んで、手に入れるために、ガタツキ素敵な状況を、このウェブブログが好きです。 "'は、それが来る前にすべてのアウトの日を着用することは価値Taint't。"サラオルヌエットによって。
投稿元 : コーチクリスティン / 2013年06月07日01:06

エアジョーダン 9
あなたのブログの記事の著者を探しているなら私に知らせてください。あなたはいくつかの本当に良い記事を持っていると私は良い資産になると思います。あなたがこれまで負荷オフのいくつかを利用したい場合は、私は本当に私のものに戻るリンクと交換にあなたのブログのためのいくつかの材料を書きたいと思います。興味があれば私に電子メールを撮影してください。ありがとうございました!
投稿元 : エアジョーダン 9 / 2013年06月07日01:06

ティファニー ネックレス
この作品の全ての単語が非常にはっきりしているし、このトピックのためのあなたの情熱が輝いています。この分野での作業を続けてくださいと私は将来的にあなたからより多くのものを見たいと思っています。
投稿元 : ティファニー ネックレス / 2013年06月07日01:06

コーチ シューズ
初心者として、私はいつも私を助けることができる記事をオンラインで探しています。ありがとう
投稿元 : コーチ シューズ / 2013年06月07日01:06

プロフィール

adrian

カレンダー

2017/10

9月 < > 11月

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のエントリー

17/02/26 20:29
Radicalism in the Wilderness
16/06/02 14:50
Kyun-Chome on a LTERNATE f UTURES
16/01/04 02:56
Sheep
15/02/07 23:39
Raiji Kuroda on aLTERNATE fUTURES
14/09/15 16:37
100 More Momoshimas
14/08/04 03:27
Islands For Life
14/07/03 04:18
aLTERNATE fUTURES...... My New Blog
14/01/26 11:24
Horses
13/12/09 02:00
Yukinori Yanagi
13/09/25 21:28
Theory of Tempelhof

最近のコメント

12/10/20 08:41
shotaro
10年代の終戦
12/09/25 15:05
Mario A / 亜 真里男
Documenta 13
12/02/18 22:13
eitoeiko
東京の10日 (1+2)
11/08/03 15:52
ozgaka
田中 敦子
11/03/19 19:48
天野あゆ子
曽根裕
10/09/15 11:07
Mario A / 亜 真里男
松井えり菜
10/08/24 16:26
Ginginho
六本木クロッシングレヴ...
10/07/19 22:29
Motus Fort
Roppongi Crossing 2010
10/05/19 12:43
Ginginho
Beat Kitano à Paris
10/05/06 23:25
Owl
Asada Crossing

ヒット数

  • 本日: 78 hits
  • 累計: 4481 hits
  • ※過去30日の累計を
    表示いたします。

QRコード